IROIROtitle

"止まってしまうガスファンヒーターの修理"

乾電池充電器の修理  リールキーホルダーの修理  蛇口の水漏れ修理  カードリモコンの修理

 止まってしまうガスファンヒーター  トップへ

GasFanHeaterBack

 冬の暖房では、すぐ熱風が出るファンヒーターがとても便利です。このガスタイプや灯油を使うもの、電気のセラミックファンヒーターなどがあります。どれも室内の空気を吸い込んで熱交換して前面に吹き出す構造になっています。ほとんどの機種には吸い込み口にはフィルターが取り付けられていて、綿埃などの吸い込みを防いでくれています。
 普段のお手入れにはフィルターのみの掃除で済みます。できるだけトラブルの因となる埃の侵入は防ぎ、吸い込み効率が下がらない程度にフィルターの網目は細かくなっています。しかし、この網目より小さいホコリは内部に吸い込まれてしまいます。
 これらの暖房機には、異常燃焼や異常過熱の時には安全装置が働いて燃焼をストップしてくれます。
 この安全装置は、当然本体の内部に取り付けられていて内部の温度を監視しています。永年使ったファンヒーターなどは、背面にある細かい網目のフィルターを通ってしまった細かい綿埃などが、内部に蓄積しているのがフィルターを外すと見えます。これらが内部のセンサーにこびりつき、異常過熱として判断して燃焼が止まってしまいます。  

 掃除機のノズルが入らない細いスリット トップへ

GasFanHeaterBack_FilterOff   こんな時、本体内部を覗いてみると、細かい綿埃のようなものが数㍉の層になって各部品にこびりついているのが見えます。吸気口のスリットは1cm以内の幅ですので、一般の掃除機やハンディー掃除機には、先細のノズルが付属している場合があります。しかし内部を清掃するには、ファンヒーターの吸気口のスリットを隙間に入って通り抜けてくれません。
もし商品があったとしても年に1度程度しか出番がない物を購入するのも考えものですので、工夫して手作りすることにします。
 最初はコピー用紙2枚重ねにして、細い吸い込み口を作って掃除を始めました。使ったのは吸引力を選べない強いパワーの掃除機です。薄く張りがないコピー用紙のは吸引力でパイプが潰れて吸い込むことができませんでした。厚紙で作ればある程度強度もでますし、紙なので内部に傷を付けることがないので安心です。

 リサイクルで作る延長ノズルと材料 トップへ

GasFanH_CleanTools

 細いスリットの内部を掃除するために使う材料などはこれだけです。
できれば、軽く作業がラクなハンディ掃除機があるといいのですが、なければ普通の掃除機と先細ノズルを用意します。これに付ける延長ノズルがはしっかりした厚紙を使います。延長ノズルがない場合は、大きさが吸い込み口に合う大きい厚紙を用意して作るようになります。
 この作業で使うの材料は、少ししっかりした厚紙(お菓子箱などを分解したもの) と、接着力が強めの梱包用の紙製や透明テープとハサミを用意します。

 厚紙で手作りノズルの制作  トップへ

ThickPaperCut thickPaperRoll

 厚紙とハサミを用意します。次に少し丸めて掃除機のノズルに合うようにイメージしながら形を作ります。

GasFanH_MendingTape RollPaperCutFlat

 サイズが合うように丸めた端に、梱包用の接着テープを貼り固定します。 さらに先端部分のは掃除するファンヒーターのスリットのサイズを、イメージして作った口を平らにカットします。

 作った紙ノズルを掃除機にセット トップへ

SetCleanerNozzle GasFanHeaterBackSuction
左ーハンディー掃除機の細口ノズルにセットした紙ノズル。 右ーファンヒーターのスリットに合わせて潰して入るようにします。
GasFanHeaterBackSuctionB
 燃焼部分にもフィルターの網目を通り抜けた、細かい埃がびっしりと付いている可能性があります。

  本体裏側の吸気スリットから、内部をキレイに清掃を行なった結果、燃焼がストップする現象は起こらなくなりました。購入した時と同じように、燃焼ストップを意識せずに快適に使用することができるようになりました。
 裏のフィルター清掃時などで、外した時に内部を確認します。覗いてみて埃の積りが多い時などは、清掃を行うと良いかと思います。
 使用時排気温度が上がらなくなったり、エラーが出るような現象が起こった時などは、修理を依頼する前に外からの『内部清掃』をやってみるのも一つの手かもしれません。またシーズン初めやシーズンオフの時も確認清掃をしておくとワンシーズン快適に使えると思っています。
 ファンヒーターの送風の殆どは、円筒状のものに切込みを入れたような『シロッコファン』を使っています。長期間の仕様で温風を送り出すこのファンの羽根部分に、埃が固くついていることがあります。羽根の角度のついた部分が埋まってしまっていることがありますので、この部分の清掃で送風量の改善が望めます。

【クリーニング時の注意】
火を使う製品の本体を分解して掃除するのは、何かあった時とても危険です。外部から清掃するこの方法でも安全にキレイに清掃ができます。
 ガスファンヒーターの裏側から内部を清掃する時には、ガスの元栓を閉めて、さらに電源プラグをコンセントから抜いておきます。機種によってはセンサーなどが露出している場合は筆などで丁寧に優しく払ってから離して吸い込むようにします。

 さらに止まってしまう時の対策 トップへ

 上記の内部のホコリ取りを行った後でも、止まってしまう時の対策を考えて見ました。裏側のエアーフィルターの掃除は、欠かせないメンテナンスです。たいがいの場合は掃除機などで清掃すれば回復します。しかし、使う場所がキッチンなどの調理で油煙が発生する場所では、注意が必要です。調理中に舞い上がった細かい油の粒子が、ファンヒーターに吸い込まれます。油煙は網目にこびりついて吸気効率が非常に悪くなります。使用時に止まってしまう現象は、これが原因ひとつであるようです。
 対策としてマニュアルには、中性洗剤で洗って乾かしてから使用と書いてありました。しかし、このような環境で長期間使用したば場合の汚れは、かなり頑固です。洗剤を含ませたスポンジで何回か擦って見たものの簡単には取れませんでした。下の写真は、清掃後の写真ですが、これでも使用中の消火は今の所起こっていません。 このような、キッチンの使用では予備のものを用意しておいた方が安心かもしれません。

Rinnai017-242-000 RinnaiFilterUp
この機種に使われていたリンナイエアフィルター 017-242-000と部分拡大写真で清掃後ですがまだ取りきれていません。

 リンナイガスファンヒーターの部品:エアフィルター(1例) トップへ

 リンナイのガスファンヒーター用エアフィルターは、機種によって違います。交換の場合は、エアフィルター本体の裏側の縁部分に、商品コードがありますので確認後に注文すると確実です。


 リンナイガスファンヒーターのエアフィルターの比較 トップへ

 使用しているガスファンヒーターは、旧型になっていますので、念のためにオプションのエアフィルターを取り寄せて見ました。分かりにくいかも知れませんが右のフィルターは薄黒く汚れが付いています。

RinnaiAIrFilter017-242-000
上の写真は右が清掃後の購入時からのエアフィルターと新品のエアフィルター(左) RinnaiAIrFilter_Old017-242 RinnaiAIrFilter_New017-242
この機種に使われている使用中の017-242-000のエアフィルターと、新品の部分拡大写真です。清掃しても落ちきっていません。

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 28/Oct./2017 - Last Modefied 28/Nov./2017