IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

武蔵国分寺公園のカワセミのえさ取り 一瞬のダイブ

関連ページ: カワセミの一瞬のダイブ 姿見の池で魚を補職する『カワセミ』 『カワセミ』の幼鳥 8月の姿見の池の野鳥 国分寺にいる『カワセミ』 都立武蔵国分寺公園のカワセミ 秋分の日の姿見の池のカワセミ

 西国分寺駅の東側には、人工を含む池などが点在しています。その中で中央線の北側には復活された「姿見の池」、さらに東には「日立製作所中央研究所内にある大池」そして中央線の南側に中央鉄道学園後に作られた、都立武蔵国分寺公園内の「武蔵野の池」があります。この中で日立製作所中央研究所の中の池は、見ることができませんが、年に2回だけ市民等に解放されていますがこの日には人が多くカワセミは見ることができない可能性があります。
 姿見の池でカワセミを見ることがあります。池の対岸には木々が生茂っていてこれらの枝にとまっているのを何回が見ています。また、池の中には人工的に止まり木が数カ所あります。飛び立ってしまうときがあります。東に向かうときは「大池」で南に向かった場合は「都立公園内の武蔵野の池」になります。どうもこの辺りを往復しているようです。
 ここに掲載してありますものは、カワセミの餌取りのダイブの写真です。カワセミが餌になる小魚に狙いを定めダイビングして、元の止まり木に戻るまでは、1〜2秒程度といわれています。飛び込んだと瞬間もう水面から出て枝に戻ります。その目にも留まらぬダイビングの姿です。このときは空振りだったようです。

使用カメラ:NIKON D750 使用レンズ:TAMROM 150-600mm f5-6.3 Di VC USD 撮影データー:FX 600mm ISO 12800 1/1250 f/11
(画像をクリックすると拡大します)

  撮影に使用した機材      トップへ


撮影:NIKON D800
TAMRON SP150-600mm
(DXmode撮影で900mm相当)
三脚:SLIKカーボンマスター
824PRO N
ご興味の方は、
右のamazonのリンクで製品の
評価を見れます


TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD
ニコン用 フルサイズ対応 A011N

Nikon
D750 ボディー
※チルト液晶・暗所高性能・軽量と大きく進化。フルサイズで6.5コマ/秒

SLIK 三脚
カーボンマスター 824 PRO N
4段 中型 記念キット

  その他のカメラとレンズ      トップへ

【NIKON D500と超望遠ズーム】

【NIKON】

Nikon 単焦点レンズ
AF-S NIKKOR
400mm f/2.8E FL ED VR


Nikon 単焦点レンズ
AF-S NIKKOR
600mm f/4 ED VR


Nikon 単焦点レンズ
AF-S NIKKOR
800mm f/5.6E FL ED VR


Nikon 望遠レンズ
AF-S NIKKOR
200-400mm f/4G ED VR II


Nikon テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
【Canon】

Canon
EOS 5D Mark III ボディ

Canon 単焦点超望遠レンズ
EF600mm F4L IS II USM

VANGUARD
Quovio66バックパック
超望遠レンズと三脚対応

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3
Di VC USD キヤノン用

Canon
EOS 7D ボディ

  トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 20/Jan./2015 - Last Modefied 16/May/2017