IROIROtitle

"リール式キーホルダーの修理"

金属リールキーホルダー

 フック付きリール式キーホルダーの修理  トップへ

KeyH_RingOff

 鍵束を持ち歩く時、キーケースに入れる方、鎖に付ける方、カラナビに付ける方、そしてリール式のキーホルダーを使う方場合が多いです。
 個人的には、未使用時は全長が短くなり、引っ張り出すと長くなるリール式のキーホルダーが便利なためこれを使っています。このキーホルダーは、鎖などに比べ耐久性が比較的弱いけれど、嵩張らずに使いやすいと思っています。このタイプで使われているラインは、強度のある化繊や細い金属ワイヤーにビニールコーティングされた物、中には細めの鎖で出来た物もありましたが、どれも暫く使うと切れたり壊れたりしました。
 この便利なリールタイプのキーホルダーにも弱点があります。以前玄関の鍵を開けようとした時、リールを紛失しているのに気が付きました。リール本体部分の鍵束が付いている部分を全て無くしてしまった事があります。残っていたのはベルトに挟んだクリップと本体にネジ込まれたネジの2点でした。
 運がいい事に以前スペアーキーを作っておいたので難は逃れたのですが、今は昔と違い防犯上の関係で、合鍵はマスターキーでないとカンタンに作ってくれなくなりました。お店に持ち込んだ鍵がマスターキーでは無かったので、お店で断られました。しかし、マスターキーに刻印されたメーカー名を覚えていましたので、鍵の形状との確認後作成してくれました。いざという時のために、マスターキーのメーカー名はメモしておくと良いかと思います。

KeyH_LineBloken KeyH_Rstoper
切れてしまったコードとWリングとストッパーと右はWリングを外した状態。

 故障の状況と対策 トップへ

KeyH_CoverOpen  ここで修理するリール式キーホルダーは、ラインに化学繊維を使用した物です。いくら丈夫な繊維でも、引き出すたびにリールの出口で擦れるので摩耗は仕方が無い物かもしれません。
 ラインが切れてしまうと、ラインは内部のゼンマイバネによって巻き込まれてしまいます。金属製のカバーのキーホルダーは、裏側のクリップ固定と前後の蓋をネジで止められている場合が多いで比較的分解はカンタンです。
 しかしこのタイプは、リール部分が半透明の樹脂製で、カラナビ部分のフレームを反対側の蓋で挟み込む構造になっています。この部品を挟み込みためにピンと受けが4ヶ所見えます。最近の樹脂製品ははめ込み式になっている物が多いです。

 加工に必要な道具と構造 トップへ

KeyH_MendTools

 必要な工具は、分解するために、ステンレスへら、先を鈎型に曲げたピン、先の細いラジオペンチか、ピンセットですが、実際へらで蓋を空ける前、ピンで引っ掛けてみた物の引き出す事が出来ませんでした。
 結局金属へらでカバー部分をこじ開けて、引き込まれたコードを出すことになりました。という事で、コードが出ているグロメット(ハトメ)部分からの引き出しは出来ませんでした。写真には写っていませんが、一番最後に使う瞬間接着剤が必要になります。
 余談ではありますが、この金属製のへらは、家電製品やテレビのリモコンの分解修理ほか、分野が違いますが汚れ剥がしなどにも使えますので、一つあると便利ですのでオススメです。

 修理開始/本体を分解する  トップへ

 下の写真は、リール式のキーホルダーの構造のイメージです。本体のリール部分から出たラインは本体付けられたライン保護の小さなハトメを通ってWリングを止めるラインストッパーの内部で結ばれています。

RGTB_MaterialCut KeyH_Construction
 2㍉のアルミ板を8㍉幅でカットします。 バーナーの内側に沿って斜めにカットします。

みぎうえの写真が分解したカーバー部分ですが、こちらには赤丸で囲まれた所に4ヶ所の嵌め込み部品があります。対外はこの部分には接着剤が使われていませんので、上にある写真のように、スクレーパー(レバー)を差し込んで捻れば上下の蓋は別れます。

 修理の手順 トップへ

KeyH_MakeKnot KeyH_OPen
左ー作った部品をバーナー部に嵌め込んだ写真。 右ーその部品にCリング用の穴を空けます。
KeyH_RingSet
  • スクレーパーを使って、本体を分解します。
  • ラインにグロメット(ハトメ)を通しておきます。
  • 切れたライン(コード)の先を整え、ストッパーに入れ2階片結びをします。
  • 中のリールに戻った状態で、ラインが張る程度に巻き付けます。
  • 試しにグロメット(ハトメ)を本体の凹みに嵌め込んでカバーを合わせます。
    この時リールのバネの力でラインがしっかり戻るか確認します。
  • グロメット(ハトメ)の反対側に瞬間接着剤を1.5cm位薄く塗りはめ込み固定します。
  • ストッパーにWリングを回し入れ完成です。

KeyH_RingSetご注意:
ラインのリールへの巻き付けは十分戻り、十分伸びる事が大切です。接着剤を使う前に必ず試し合わせをします。
 完成後使用する時には、ラインの摩耗が考えられ大切な鈎束を落とさないように、キーリングにの先にはからナビなどを付け鈎束までの長さをつけてポケットに収まるようにしておけば落ちても安心です。

 クリップ式金属タイプのキーリールの場合  トップへ

KeyReel_Metal

 右の写真は、クリップ式の金属カバーのリール式のキーホルダーの写真です。 基本的には上記のキーリールと同じに内部にゼンマイバネが入っていて、コードを内部のキールに巻き取っている構造です。
大きく違う事は上記はカラナビタイプに対して、こちらはクリップタイプということです。ベルトなどをしている男性などでよく使われています。こちらの方がリールが大きいので内部に使われているラインはかなり長くなっています。カラナビタイプはベルト通しや、バッグのハンドルなどのループに使えます。

 金属タイプのキーリールの分解  トップへ

KeyReel_Metal_BS KeyReel_M_Screw
 キーリールを裏返すとクリップが付いています。 中央のネジをドライバーで弛めます。
KeyReel_M_ClipOff KeyReel_Metal_Op
 クリプ部分が外れます。 蓋を指先で細かく動かすと開きます。

  • コードが切れた場合、基本的にカラナビタイプと同じです。引き込まれたラインを引き出して、グロメットの向きを確認し通します。
  • Wリングを外したストッパーの中にラインを通して結びます。次にWリングを嵌め込んで、本体のリールに完全に戻る(張る)状態まで巻き付けます。
  • グロメットを定位置にはめ込みカバーを閉めます。
  • 次にクリップ部分を溝に差し込み、ネジを締め込みます。

 クリップタイプのキーリールの注意点  トップへ

 こちらも同じく永く使用してくると、本体から出てくるラインが本体に嵌め込まれているグロメット(ハトメ)で擦れてラインが切れるてしまう事です。注意点として、100円ショップでも手に入りますがコストダウンをするために、金属で無ければいけない箇所が樹脂で出来ていたりするから、耐久性に難があります。
 このキーリールは100円ショップ製で、先ずラインが切れるくらいだろうと思っていたら、クリップ部分のみベルトに付いていましたが、大切な鈎束が付いているリール部分を知らぬ間に落としていました。原因は、上の写真のリールの軸に当たる部分が樹脂製で長い間使用している間にガタがきて、ネジが外れてしまった事です。
 この構造では万が一ネジが緩んでしまった場合、クリップは残る物の本体は落下してしまう事です。
この製品の場合は、金属が接着で来るエポキシ2液製の接着材で前もって『ネジの固定』をしておく方が安全です。また、転ばぬ先の杖として、使用時にガタが出ていないか確認します。万が一鈎束自体が落下しても、ポケット等に収まるように使用する事が必要です。


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 21/May./2017 - Last Modefied 23/Sep./2017