IROIROtitle
iroiroLOGOsss

syuri

このページでは、実際試してみた個人的な感想です。ご参考になれば幸いです



新ページのお知らせ

階段に手すりを設置    ジャンプ: 使用する工具と材料 手すりの取り付け 2本で延長


階段用の手すりは足の具合が悪い方にとっては、安心できる支えになってくれます。高齢になる事を念頭に入れ、階段に階段用の手すりを付ける事にします。手すりは、ワングリップの小さい物から、30cm、45cm、60cm、90cm出ていました。また、階段全体には4mと長い物も販売されています。今回は補助的に90cmの手すりを設置する事にしましたが、この手すりを加工して、途中で繋いで1800mm近い長さにすることにします。

 

   使用する工具と材料      トップへ

TesuriPackage

 手すりを取り付けるのに必要な物は、柱の位置を探すために『ピン式下地探し機』とブラケットを壁に取り付けるためのドライバーが必要になります。『ピン式下地探し機』下記にご紹介してありますが、このピラーズキャッチは写真の通り、石膏ボードに押し込むと針が出ます。柱の無い所では最後までカバーが引っ込みますが、柱がある場合途中で止まります。これでラクラク柱の位置を探す事ができます。太め(細めは曲がります)の待ち針で探す場合、押し込む度に指先がかなり痛くなります。こちらの方が楽・スピーディー・確実に探せます。価格は¥700〜¥950位です。壁に額や棚やヒートンを付け足すなど、予定のある方にはとても重宝します。

PillarsCatch PillarsC_Needle
PillarsC_Hammer PillarsC_Cover

 穴あけを間違えた場合、隙間補修材があると安心して作業が出来ます。下地の柱を探してみると付属のマウントのネジ穴の位置では柱の幅から外れてしいました。2本のネジで固定するには不安が残るため、新たに4mmのドリルで穴をあけました。
今回使用した階段用手すりは、『ABIRAのぬくもり手すりeco』の900mmです。ブラケットは『壁固定用ブラケット』と、『手すり棒固定用ブラケット』の2種類で、取付けも分割しているため自由度がありとても楽でした。手触りも良くできています。

TesuruStay TesuruBase
【amazonで必要な道具・用品を調べる】

SK
ピラーズキャッチ
P-10

いたわり手すり
ラミン材 900mm
クリア OM-123

オルファ
替刃 H型鋸用
(木・プラスチック用)
1枚入 HSWB-1

鉄工用ドリル刃セット
チタンコーティング
19本組

ヤザワ スキマにピュー
KF-113 『ベージュ』

シンワ
下地センサー
Super(スーパー)

   手すりの取付け      トップへ

TesuriPin TesuruAddHole

 手すりの取付け高さは標準750mmといわれていますので、この位置で固定するようにします。石膏ボード壁の場合、柱の無い所は、全くネジが効かないので下にある柱を探さなければなりません。上でご紹介してある『ピン式下地探し機』があれば楽ですが、多少指が痛くなりますが、太めの玉付待ち針でも探す事ができます。
こちらの間柱は通し柱と違って30mm前後です。ブラケットに明いている標準の穴では合いませんでした。下地探しで柱を確認して位置を見つけます。このブラケットは肉抜きをしてなく強度は満たしていたので、右上の写真にありますように新たに柱幅にあう穴をあけました。ここに3ヶ所ネジ止めしましたが体重をかけても、びくともせずにしっかり取り付いています。

  • 先ず、壁をドラーバーの江などで叩いてみて、硬い音がする場所を探します。
  • 階段の段のから750mmの位置で下にある柱を探します。
  • 石膏ボード(9mm以上)にピンを突き刺してみて、それ以上刺さらなければそこが柱です。または下地センサーで柱の位置を確認して鉛筆で印を付けておきます。
  • 1ヶ所目を見つけたら、ブラケットの穴に合わせて次の箇所を探します。
  • このタイプの手摺のホルダーには穴は3ヶ所ありますが、今回既存の穴では合わなかったため4mmのドリルで写真のように近い位置に穴をあけます。
  • 全てで柱が見つかったら木ネジをネジ込みます。
  • 次に手すり用のブラケットを手すりに通し固定します。
  • 増し締めをして強度を確認します。

   2本使いで延長する      トップへ

TesuruAddpole

 もう少し長さが欲しかったので、もう1本を追加購入しました。別々に2本設置するには下の柱の間隔の関係で、寄せて取り付ける事ができませんでした。本来は単体で使用する物なのですが、今回は2本を繋げてみる事にしました。本来ブラケットから端は100mm迄となっていますが、今回はつなぎの位置の関係があります。長さが欲しいため出来るだけ切らずに使っていますので、各100mmオーバーしています。強度を確認すると問題ないようです。ブラケットは1つ余っているので予備として利用します。
手すり棒は下の図のようにカットして、中央のブラケットの内部でつなぎ目を収めます。市販されているネジ接続式の場合、ブラケットから接続部が離れると強度が弱くなるとの事です。こちらの場合接続部がブラケット内にあるので、かなり強度は高くなります。

TesuruIllusut
  • 断面が正確で奇麗な細工用ノコギリを使って、端を図のようにカットします。
  • 注意点は重なり部分の太さが同じになるようにする事と、ブラケット幅の30mm以内に納める事です。
  • きちんと重なるのが確認できたら、ネジの頭が出ないようにドリルで2段穴を空けます。木ネジで固定します。
  • このつなぎ目の重なり部分は、ブラケット内に収まりますので目立ちませんし、ブラケットで押さえるので強度は充分出ています。
  • 出来るだけ長さを出すために、両端が長くなっていますので気になる方は更に短くカットしてください。

★そのほか、修理、掃除などの情報はこちらからご覧になれます。★

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 12/Feb./2014 - Last Modefied 25/Jan./2017