IROIROtitle
このコーナーは、生活の中で色々試したポートです。ここに書かれている記事をお読みになりご参考になさって下さい。
【自転車修理】

RWhMente
リアハブメンテ


Rスプロケ整備


フロントハブメンテ


LEDライトに交換


チェーンホイール保守
>


カップアンドコーンBB保守


ブレーキワイヤーを滑らかに


軽快車ブレーキ交換


Vブレーキシュー交換


自転車タイヤ交換


チェーン交換


ブレーキ
ワイヤー交換


シフト
ワイヤー交換


パンク修理

【保守で快適走行】


注油で快適走行


適正空気圧で快適走行


リムの振れ取り


スポーク修理


BB異音修理


ペダルメンテナンス


修理工具一例


掲載工具を探す


掲載データ
“禁転載”

CHS HomePage


BIKEHAND
YC-728 シマノホローテック用TOOL BOX

BIKE HAND
YC-735A
ツールボックス
自転車用工具セット

BIKE HAND
YC-728
ツールボックス
シマノホローテック用

SUPER B
YC-728
プロフェッショナル
バイシクルツール
【37点セット】

PARKTOOL
ポリリューブ1000
113g・チューブ入用

TopPage

Reform

eco

kaden

souji

Smorke

OldColeman

Fiish

PRIUS12

Jsyuri

syuriB


トップへ
McBLwanBSetS
ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換 チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ BB: シールドBB 買物自転車CC フルカバーC・CC スポーツ車CC 

ママチャリのBB整備で快適ペダリング

リンク:  トップ  カップアンドコーンの構造 クランク外し 工 具  BB外し  BB組立て

 ママチャリも変速機付(内装・外装)、変速機無し(チェーンカバー付)などがあります。このなかで一番手強いのは、チェーンカバー付です。

今回はチェーンカバーを外さないで時短で作業する方法をご紹介致します。
 右側にはチェーンカバがありますが、このチェーンカバーは右のペダルの軸にロックリングで固定されています。チェーンカバーを外すには、BBのこのロックリングと、チェーンステーにあるネジを外し、後ろ側のカバーを取る事になり面倒になります。
しかしこの方法はフルカバーが付いたままなので、完全にチェーンリングが外せませんので調整時に本来の微妙の調整が出来ないのが難点です。

  カップアンドコーンBBの構造と使用する工具  トップへ

 このタイプのBBは右のイラストの様な構造になっています。工具さえあれば、シールドタイプBBと違って分解すると部品が個別に取り出せます。主なパーツは、軸になる「ハンガー芯」、リテーナー入りベアリング、左右のワン、ロックリングとなっています。工具さえあれば、メンテナンスは比較的カンタンです。
 ここには写っていませんが、クランクを外すのに『コッタレスクランク専用工具』、あとは左下の写真にあるモンキーレンチ、フックスパナ、17mmハブスパナとグリース、パーツクリーナーです。上から2番目の工具はカプアンドコーンBBの専用工具のマルチフックで、自転車用に薄く(普通工具の半分くらい)出来ていますのでスパナと合わせて締め付ける時にも確実に出来ます。こちらの自転車では左の他に右側のチェンカバーを止める為にも使われています。

 クランクを外すのに、ソケットレンチも必要となります。チェーンフルカバーを外し右ワンの外すのに6爪ハンガー外し工具を使いますが、¥3,000以上と高価なうえ使う頻度が非常に少ないので今回は使いません。
晴雨にかかわらず頻繁に使っている自転車が複数台ある場合は、ベリングの油切れに伴うBBの摩耗を防ぐために、下の写真の工具があった方がいいかと思います。他に使うのは、安価なグリスとパーツクリーナー、ウエス(布)だけです。

  クランクの抜き取り  トップへ

  • 買物自転車(通称ママチャリ)などの、ハンガー芯軸はナットで止められています。 クランク軸のキャップを外すと、ナットが見えます。
  • このナットのサイズは14mmで、奥まっているのでスパナやメガネレンチでは届きません。14mmのソケットレンチで外します

  BBの分解とメンテナンス  トップへ

  • 左ワンのキャプを外して、14mmのソケットレンチを使ってクランク軸のナットを外します。次にコッタレスクランク工具をネジ込んでクランクを外します。この時工具のネジは確実に緩めてから、クランクのネジ部分に確実に締め込みます。
  • 次にモンキーレンチかスパナを使って、左右のクランクのナットを、ソケットレンチで右回しで締めていくとクランクが抜けてきます。ロックリングカバーを外しておきます。
  • 左ワンもロックリングで止まっていますので、マルチフックとモンキーレンチを用意します。
  • ロックリングの溝にマルチフックを引っ掛けて左回しで緩めます。
  • 左ワンを外しハンガー芯を引き出すと、リテーナーに入ったベアリングが一緒に付いてきます。
  • 右ワンのリテーナーが残った場合は、取り外します。
  • 左右のリテーナーからベアリングを外して、パーツクリーナーと歯ブラシ等で奇麗にします。

  カップアンドコーンBBの組立  トップへ

  • キレイにしたリテーナーにグリスをたっぷり塗り込んで、ベアリングを指で押し込み元の状態にします。
  • パーツクリーナーで清掃したハンガー芯にグリスをたっぷり塗り込みます。
  • 外していない右ワンの内部をパーツクリーナーで清掃して、ウェスで汚れを拭き取りグリスをたっぷり塗り込みます。
  • グリスアップした左右のリテーナーをハンガー芯に通して、ボトムブラケットに差し込みます。この時、ハンガー芯の玉受より端迄の長さが長い方が右(チェーン)側ですので間違えないように組み込みます。
  • 右のチェーンリングクランクにハンガー芯を通し、ナットを締め付けます。
  • 左ワンをマルチフックとのチェーンリングクランクにハンガー芯を通し、ナットで止めます。写真は3段変速の買物自転車のものです
  • 17mmのスパナかモンキーレンチとマルチフック(正ネジ)でベストな位置を探し、決まったら17mmレンチで左ワンを押さえながら、右手でマルチフックをロックリングの溝に引っかけ、締め付けます。
  • 左クランクをハンガー芯に差込んで、ナットを軸にネジ込んで締め付けます。
  • 最後にメンテナンス部分のガタが無いかを確認してから増し締めします。
  • クランクの軸部分に保護キャップをします。

   フルチェーンカバーを外す場合  トップへ

 フルチェーンカバーは、前部はクランク軸の右ワンにロックリングで止まっていました。後部は、チェーンステーの上下にネジでチェーンカバーが止められています。後輪の軸を緩めてチェーンを外してからチェーンリングを外して、カバーを外すようになるため、作業が大変ですが玉当たりが繊細に出来るので、調整は確実にできます。

   摩耗部品の交換  トップへ


 左右のクランクを繋ぐ軸は、コッタレスハンガー芯は両端にナットが付いているタイプと、ボルトをネジ込む物があります。主に買物自転車は殆ど両端がナットのコッタレスハンガー芯が使われています。交換時に気をつけなければならないのは同じサイズの物を交換することです。上の写真には、3U、5Uのコッタレスハンガー芯があります。交換時には使用しているコッタレスハンガー芯の軸の中央部分に形式が刻印されていますので同じ物と交換します。


シールドBB 買物自転車CC フルカバーC・CC スポーツ車CC
ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ


  トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 21/Jan./2014 - Last Modefied 13/May/2017