IROIROtitle

"カード型のリモコンの修理"

浸水リモコンの修理

 反応しなくなったリモコンの修理  トップへ

RM_YAR01_Body

 こちらでは、突然動かなくなったリモコンの修理をしてみます。通常はボタン電池の電圧が下がり使用が出来なることがほとんどです。しかし、同型の新しいボタン電池を入れても反応がありませんでした。
 このボタン電池を入れるタイプのカード型のリモコンで水被りは全くしていません。  テレビのリモコンなど水のトラブルですと特定のボタンの反応が無くなりますが、ボタン類が全て反応がなかったので電池の接触不良を疑ってみました。
まずはこのカードリモコンの構造を探ることにしました。  

 リモコンの構造 トップへ

RM_YAR01_Bottom RM_YAR01_Top
 修理する前に、治る場合と治らない場合がありますので、ご了承ください。そのうちの治らない場合は、ボタン端子が摩耗して接触が悪くなり操作出来ない場合です。今回は、全てのボタンが反応しませんので、分解し接点を調整いたします。  少し大型のネジの無いのリモコン等は『はめ込み式』になっている場合があります。今回ははめ込みの溝がありませんので、分解する箇所を探します。

 修理に必要な道具 トップへ

RM_YAR01_Open

 修理道具は、このタイプでは表のフィルムを捲るためのカッターナイフの様な作の薄くて鋭いものが必要です。もう一つ使う工具は、本体に電子基盤をとめてある+ネジを外す精密ドライバーです。
 このタイプのダードリモコンは、本体のボタンがある表側には低い幅の細い淵があり、その内側にこのフィルムが貼られています。
 このフィルムの角辺りからフィルムを傷つけない様にカッターの刃先で徐々に捲りながら剥がして行きます。この時剥がし切ったフィルムには、粘着剤が付いています。この面ゴミが付くと接着不能になりますので、接着面は必ず上側にして「汚れない場所」に置いておきます。

 修理開始/リモコンを分解します  トップへ

 リモコンの周囲を見回すと、合わせ目の箇所に僅かな溝が一周回っています。この場所がスクレーパーを差し込む箇所ですが、ピッタリと塞がっています。しかし筐体はプラスチック製ですので、葉の部分を溝に当てて押し込むと歪んで刃が入っていきます。徐々にめくっていくと、フィルムが剥がれて行きます。

RM_YAR01_CovOpen RM_YAR01_ElBoad
 上の写真がフィルムを剥がした時の写真でフィルムは直接電子基盤に貼られていました。
RM_YAR01_ElBoadUp RM_YAR01_Bu_Holder

 左の写真は、右上の電子基盤のボタン電池の端子を拡大したもので、ボタン電池の表と外周までプラス(+)側で、黄枠で囲まれた端子に接触する様になります。
またボタン電池は表裏面はマイナス(-)側で、ボタン電池を差し込んだ時に電池が赤枠の部分に接触します。

 ボタン電池の接触部分を調整 トップへ

RM_YAR01_Pull_Holder

 ボタン電池の接触端子のうちのバネの方は十分に弾力がありましたので、こちら側はOKとしました。もう一方は 念のために接触性を確実にするために少し上に引き上げました。
基盤をを元に戻すために、4本のネジで止めてボタンのフィルムをずれない様にきちんと元の位置に貼り付けます。
ボタン電池をリモコン本体の電池ホルダーに入れて、動作を確認します。以前の様に作動させることができ、全く無反応だったリモコンが蘇りました。このタイプのカード型リモコンでも応用出来そうです。
この様な症状がある場合、お時間のある方は注文する前に一度試すこともいいかもしれませんので、剥がした後の置き場にご注意ください。

※!!ご注意!!  上記しましたが、フィルムの裏側にゴミや、ホコリが着きますと元に戻すことが出来ません。作業前にスペースを確保しておいた方が無難です。


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 7/Sep./2017 - Last Modefied Since 7/Sep./2017