IROIROtitle

iroiroLOGOsss

このページでは、実際試してみた個人的な感想です。ご参考になれば幸いです

YasaiSpiner
回転野菜水切り器

BusketB
軟質プラスチック
(亀裂など)

typeC2
ブラインドの修理

yukasita
キッチン床修理

T_ValbI


旧型水洗トイレの修理


JitensyaKouguS
自転車修理

SliderOpenS
ファスナー修理

SlideDooWhGrS
戸車メンテナンス

KASA
傘の修理

YoGinRou
銀ロウ溶接

shrinkTconect
電気コードの接続

LampComp
小型照明製作

PanaSwitch
中間スイッチ追加

USBfan
USBファン修理

KabegamiKaidanS
DIY廊下と階段の壁紙貼り替え

掲載データ
“禁転載”
chs_banner

Fiish

PRIUS12

Jsyuri

syuriB

Reform

eco

kaden

souji

Smorke

OldColeman

厳寒期の蛇口と配管の凍結防止   室外配管の二重断熱

   水道管の凍結防止      トップへ

PipeCover       SitugaiPipe

 厳冬期になると室外にむき出しになっている水道等の配管は、外気温が氷点下になると凍結して水やお湯が流れないようになる時があります。ここで家の周りを見回して、配管の状態を確認してみると予防になるケースがあります。
 特に給湯器の配管は、余り寒くならない地域では、むき出しになっている場合があります。このような状態では配管に残っていた水が、外気温が氷点下になることによって凍結して栓をしてしまう場合があります。
 個人的には室外の水道が凍結してしまい、お湯をかけることで凍結箇所を溶かして復帰したことが何回もありました。(現在は下でご紹介しています「蛇口用ヒーター」問題は解決しています)給湯器の配管凍結の場合は、スイッチをOFFにしてからむき出しの配管に同じようにお湯を架けると段々溶けてきます。これによって、氷の栓が解凍され水流が戻ってきます。寒くなるたびにこれをやっているのは大変ですので、下記でご紹介しています太さにあった「耐熱保温チューブ」を施行しておきますと安心です。

 室外の水道のホースは昔は布等で巻いた断熱をしていたのを観たことがありますが、結局1〜2月頃の極寒の環境では完全ではありませんでした。最近は断熱パイプが販売されていますので、さらに断熱・保温性にすぐれて素材で施行する事にしました。 スチロールパイプはカーブにも沿いますので使い易く、外皮にはエアコン配管テープを利用しました。金属部分を全て覆う為にパイプを斜めにカットして、水道コック全てを覆えるように細かく当てがうようにカットしました。それを止めるエアコン配管テープは、少し柔軟性があるので比較的巻きやすいのがメリットです。
 その他には右上にあります、立ち上がっている水道管などに取り付ける「水道凍結防止帯(給湯・給水管兼用)も配管の場所によっては便利かもしれません。

   蛇口凍結防止ヒーター      トップへ

J_Heater J_HeaterB
【アマゾンで調べる】

日本電熱
蛇口ヒーターWV-2

 予報で朝の気温が-1度の時、水道は何も無かったように水が出ました。都下地域でこの程度の気温では、効果があるようです。また、スチロール製のパイプカバーは3サイズ確認しましたので、場合によって一番細いものと一番太いものの2重使用も可能です。蛇口の金属部分は露出しているので、ここが凍ってしまう可能性あります。そのうち日本電熱から出ている蛇口ヒーターを装着する予定で、また報告致します。

【蛇口凍結防止ヒーターの使用報告】
Jheater JheaterIn JheaterSet

JagichiHeat

  翌日から寒波がやって来るという日に、『蛇口凍結防止ヒーター』が到着しました。早速荷を開けて製品を見てみました。部品は小さなヒータが先に付いているACコードと蛇口のプラスチックカバーです。そのカバーの内側には蛇口のハンドルの底部分を包むように保温材が貼ってあります。消費電力は1.2Wとなっていて1シーズンの電気代は80円とのことです。気温が上がるシーズンオフには外してくださいと説明書にありました。

   使用レポート      トップへ

  室外に露出している配管には断熱カバーを施行してあします。ただし-2度以下になった時に、蛇口の金属部分が凍結する恐れがあります。施行例にはむき出しでしたが、露出している蛇口の金属部分も念のために断熱材とテープを巻いて対応しました。2014.1.11に当地では、午前6時の最低気温が-2度となっていました。早速ヒーターを設置してある蛇口から水を出してみますと問題なく暖かい日と同じように水が出ました。厳寒でも安心できる製品です。
ちなみに価格はとてもリーズナブルです。2014.12.15現在、amazonさんから出品されています。価格は税込み本体1,630円(送料込)です。(地元で凍結防止ヒーターは、3〜4千円していました)
P.S 外がバリバリに凍ったときも、問題なく仕事をしてくれています。さすが蛇口凍結が生活に影響する信州のメーカーだと感じました。気温がマイナスを越えた時に何事も無く水が流れると、再び日本電熱株式会社の製品の有り難さを感じます。

   室外配管の二重断熱      トップへ

 【断熱カバーの追加施行】 蛇口凍結防止ヒーター
PipeWCoverWrapB   PipeWCoverComp

   【給湯器配管の追加断熱】

 1月を間近に控え、気温が日に日に下がってきて霜が降り、水たまりには氷が張るようになってきました。少し前に給湯器をエコジョースに変えたばかりで、さらに省エネを考え湯温が下がり易い箇所に配管断熱チューブの2重施行をする事にしました。当然お湯が通る配管にには断熱チューブが施行されていますが、一回り太い物を上から施行する事にしました。
 断熱パイプカバーはピンク色の『耐熱素材』と『保温用』の物があります。二重の上巻きの場合は普通の物で大丈夫のようです。太さは3種あって内径20mmの中サイズの箇所の保温として一番太い30mm以上の物を購入してきました。現在使われているサイズを計って目安にするといいと思います。巻き止めするために配管テープも必要になります。

 
 施行は保温カバーに切れ込みが入っていますので、作業は比較的カンタンです。あとは配管テープを出来るだけしわがでないようにキレイに巻くことです。そして、最後の止めはガス工事の方の施行跡を見ると端を裂いて結び裂いた部分をひも状にして結ぶと粘着テープに起こりがちな劣化でのめくれがありません。
【使用レポート】
毎年、気温が0度近くなると、温水を出す前に冷えきった水道管に残った氷水のような冷たい水が出ていました。これがいやで給湯器をつけますが、お湯になるまでの配管内に残っていた、氷水のように冷たい(痛い)ものが暫く出てきました。しかしこの施行をしてから、給湯器を燃焼していないのに外気温が1度程度でも、蛇口をしばらく開くと残っていた配管に残っていたお湯が冷め、痛さを余り感じない〜ぬるい程度の水が出てきています。施行をしていない箇所から冷えは伝わってくるものの、間隔をあけてお湯を使う場合も、温度低下が比較的少なく済むので省エネに貢献します。

PipeWCoverStart PipeWCoverWrap
  トップへ

CHS HomePage    Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 7/Feb./2014 - Last Modefied 25/Jan./2017