CHSいろいろサイト/代々木 明治神宮

「季節を求めて近場を散策」ページは、不定期に追加または削除される場合があります。


【四季の景色】
暮れの浅草周辺

府中郷土の森博物館
の早春

玉川上水のお話

殿ヶ谷戸庭園の四季

【小旅行】
東京丸の内駅舎復原

桜木町/日本丸

横浜/氷川丸

所沢航空発祥記念館

旧日本陸軍戦闘機

調布/飛行場まつり

芝/東京タワー

芝/増上寺

新橋駅界隈

新宿高層ビル群

江戸東京たてもの園

国営昭和記念公園
日本庭園

【自然】
国分寺周辺の野鳥


掲載データ
“禁転載”

CHS HomePage


【amazon】
製品の評価を見る

NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
※プロが使う標準ズーム

Nikon 超広角ズームレンズ
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
※室内撮影に効果を発揮!


Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D800 ボディー
※詳細な画質が高評価!

Nikon MB-D12
マルチパワー
バッテリーパック
※縦位置撮影のホールド抜群!

Nikon EN-EL15 Li-ion
リチャージャブル
バッテリー

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D810 ボディー
※D800が更に進化!

TAMRON
超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3
Di VC USD ニコン用
※低価格で軽量・高画質が
世界でも高評価!

SLIK 三脚
カーボンマスター 824 PRO N
4段 中型 記念キット

代々木 明治神宮  
明治神宮御苑  清正井  菖蒲田  大鳥居・本殿  明治記念館 ロンドンタクシー 

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする神社で、初詣では毎年日本一の参拝者数を数えます。JRの最寄り駅では、北は代々木駅、南は原宿駅で、この西側にあり、代々木公園と接しています。明治神宮の広さは70万平方メートルで、域内は非常に大きな木々が広い参道の空の隙間が見えないくらい覆い茂っています。
明治神宮御苑は江戸時代から大名下屋敷の庭園として使われていて、代々木御苑と呼ばれていました。自然豊かな明治神宮御苑内には南池、菖蒲田、清正井などがあり、都会の喧噪を感じさせません。まさに大自然の中にいる錯覚を起こさせます。ここの御苑の拝観料は、環境の維持協力金として500円となっています。
域内にある明治神宮 奉賽殿では神前結婚式を行う方には有名な式場です。この日も本殿で挙式の参列が見られました。
ここ明治神宮は、副都心からも近く便利な立地にあります。今回は北側の代々木方面から入りましたが、南の入口はJR原宿駅の前にあります。原宿や表参道を観光地された方々でしょうか?南参道から入ってくる方々も、大勢いらっしゃいました。来場者層は円安の影響もあってか、アジアや西洋からの観光客が日本の観光客より目立ち、外国人の観光客は全体の半分位までと感じました。
浅草など東京都内の数多くの観光地は最近、外国の観光客が非常に多く「東京が国際都市なんだ」と改めて実感しました。参考資料ーWikipedia


 左ー代々木駅に近い明治神宮への入口の『北参道の鳥居』  右ー明治神宮内はとてつもなく大きく育った木々に覆われている。


 左ーフランスブルゴーニュ地方の醸造元から葡萄酒が奉供された。 右ーワイン樽の向いには、奉供された各日本酒の籠樽が並ぶ


 左ー奉献された葡萄酒樽についてのいわれが、日本語と英語で説明されている。


 左ー清正井から流れ出た清水は菖蒲田を流れ、南池に流れここ神橋の下を通る。右は石橋の欄干

【明治神宮御苑/園内】 トップへ

明治神宮境内には明治神宮御苑があり、池、菖蒲田、湧き水などがあり観光スポットになっています。
左−明治天皇が謳われた句が残されている。 右−南池の畔には、茅葺きの東屋があり、柱は自然の木を活かして作られている。

【明治神宮御苑/南池】

明治神宮御苑内の最大のいけである南池の南側の風景。池の中央には蓮が咲いている。

【明治神宮御苑/菖蒲田】 トップへ

順路を進むと菖蒲田の入口にたどり着く。菖蒲は時期が主腰早かったのですが、6月には見頃になるとのこと。
ここ菖蒲田にも東屋があり、混雑していない時には緑を眺めながら一休みもできる。

【明治神宮御苑/清正井】 トップへ

この場所には加藤清正の下屋敷がありました。ここ明治神宮の森に浸み込んだ雨水が湧き水となって湧いているようです。

【明治神宮御苑/大鳥居・本殿】 トップへ

北参道を進むと右側に大きな鳥居が見えてきます。高さは12m、直径1.2m、重さ13トンとのことです。右は本殿の入口です。


明治神宮の本殿の入口


こちらは珍しいのか西洋人の観光客が撮影をしていました。右は本殿です。
味のある吊り灯籠 右は丁度挙式が行われていて、外国の観光客が珍しそうに撮影していました。

【明治記念館/ロンドンタクシー】 トップへ

車寄せには『ロンドンタクシー』が2台着いていました。この車は角隠しのお嫁さんでも、乗り降りし易い様にルーフが上に開きます。

トップへ


  トップへ

Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono
Since 26/May/2014 - Last Modefied 26/May/2014