IROIROtitle

syuri

このページでは、カンタンな修理をご紹介しています。ご参考になれば幸いです



関連ページのお知らせ

コイルファスナー修
コイルファスナー修理

新ページのお知らせ

差し込み蝶棒が壊れたオープンファスナーの修理

   ジャンプ: コイル・オープンファスナーの構造  修理手順  スライダーつまみ修理 

  リンク: 種類と構造 開いたファスナーの修理  布噛みしたファスナーの修理 OPファスナーの修理 洗濯ネットのファスナー修理 布団カバーのファスナー修理 ダウンジャケットの袖口修理

  致命的な状態からの回復      トップへ

 この例はオープンファスナーの重要部分の蝶棒がついている、「補強テープ」が切れてしまった場合です。普通はオープンファスナーを取り替えますが、ダウンジャケットでファスナー交換は難しいと判断しました。この衣類は年代物のフランス・ANORALP社製の山用の40年くらい前の出始めのダウンジャケットです。当時のダウンは素材が非常に良好なので、この修理によって室内用として復活しております。修理後全く壊れること無く、5年以上現役で使えています。
 オープンファスナーの構造は右上の図のようになっています。基本的にファスナーは務歯(ムシ)がかみ合うことで、閉じることが出来ます。この務歯をささえるのはテープの端についているヒモ状(左図の丸)のものです。オープンファスナーの下端は箱に蝶棒を差し込む構造になっています。ここはかなり負担が掛かる箇所で、固い補強テープがついています。ここに差し込み棒(蝶棒)がくわえるようについています。 

ご注意!!:薄手の衣料には応用できません。
ビスロン(プラスチックの務歯)のものは修理できませんので、ファスナーの交換となります。


【アマゾンで工具を調べる】

King TTC
ミニエンドニッパー
115mm EN-115

エンジニア
ミニチュアラジオペンチ PS-01

八幡ねじ ステンレス針金(0.9mm) #20×30m

八幡ねじ ステンレス針金(1.2mm) #18×20m

エンジニア
精密ドライバー
セット DK-20

  壊れたオープンファスナーの修理手順      トップへ

DawnPOFrep

 この状態ではオープンファスナーの心臓部である、補強テープがちぎれてしまって差し込み棒(蝶棒)と分離してしまっています。補強テープはちぎれて、差し込み棒が外れてしまっています。
 差し込み棒(蝶棒)の構造は、上の図にありますように、補強布でテープを硬化して、芯ヒモをくわえる用にカシメられています。分離してしまった差し込み棒の中は、務歯を固定する為の細いヒモが通る様になっています。カンタンに云うとここには隙間が空いています。今回はここに、ステンレス針金を通して衣類本体に2カ所差し込んで曲げて修理をしてあります。
 このちぎれてしまった部分の蝶棒は、下の箱に差し込むときに必要な物です。一旦スライダーを引き上げると、かみ合った務歯どうしが強度を出してくれます。修理した部分に大きな力がかからない限り開くことはないです。
 イラストにあります通り1本の針金(下)が衣服の本体に固定します。この時、針金の長さは、蝶棒の一番下が、務歯のライン延長より幾分狭くなります。
 もう1箇所(上)務歯の延長線上の高さにします。注意点としては、差し込む時にぐらつきが少ないように短くして「補強テープ」に刺して曲げて固定してあります。
 この時、下の3枚目の写真にあるようにステンレス針金の先は羊飼いの杖手元丸めると自由度があります。上下ともに針金の切断か所は指裂きに引っかからないように、必ず面取りをします。これをきちんとやらないと布を傷付ける場合があります。 写真でロウ状のものはグルーガンで樹脂を付けた跡で、これは強度的には全く効果がありませんが、ホツレを止めるには効果があります。

topへ

AnoralpFastnerMB  AnoralpFastnerMF
 下止めはコイルファスナーの下の部分にあります    裏側の部分をめくって下止めのつめ部分を露出します。 AnoralpFastnerMBot StenSticEnd
 真下から見ると、固定している状況がわかります。(上のイラストにありますように、差し込み棒(蝶棒)の中をステンレス針金が貫通しています。その針金は衣料本体に刺して曲げてあります。
 使用している針金は錆による、衣類の影響を考慮してステンレス製としました。太さは力がかかる箇所ですので、強度の事を考え0.9mmを使用しています。ファスナーのサイズや衣類本体の厚さなど、衣類の状態を考慮して選びます。針金の断面は触ったり当たったりした時に、怪我や衣類を傷めないように加工します。作業がやりやすいように、曲げる前に断面の面取りをして滑らかにしておきます。  topへ

  スライダーつまみを紛失した時は      トップへ

AnoralpFastnerSM AnoralpFastnerSlider

 前開きの上着に使用されている、オープンファスナーのスライダーのツマミ部分は、知らず知らずに落としてしまっている場合があります。上着のこのタイプのファスナーは開き止めとして、スライダーのつまみには、引っ張るとロックが外れるように作られています。つまみが無いとロックが掛かってしまい非常に開けづらくなってしまいます。最悪の場合はスライダーの穴に、ナイロンの水糸のような細くて丈夫なヒモを通して輪を作っても開きます。しかし柔らかいのでつかみづらいのも確かです。
 使う素材は、洗濯のことを考えるとステンレス製がベストです。太さは強度がある1.2mm〜1.6mm(場合によって)が安心です。気をつけなければいけないのは、衣類に針金を使用する時は他を傷付けないように、針金の断面を鉄ヤスリを使用し面取りを確実にすることです。


ジャンプ: オープンファスナーの構造  修理手順  スライダーつまみ修理 
  リンク: 種類と構造 開いたファスナーの修理  布噛みしたファスナーの修理 OPファスナーの修理 洗濯ネットのファスナー修理

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 28/Nov./2015 - Last Modefied 30/Nov./2016