IROIROtitle
CHSいろいろサイト/大正12年の国分寺駅北口から本多の町並み
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

  昭和2年頃の国分寺駅北口航空写真

 ふとした切っ掛けで知り合いの国分寺北口駅前の浅見京染店の浅見宥仁さんが昭和2年頃の国分寺駅口駅前の航空写真をお持ちとの事を知りました。他に掲載の大正12年頃の記事がありますので、この写真は5年近く後の風景という事になります。浅見さんのお話ではこの北口に飛行機乗りがいて本町上空を飛んだ時に写真を撮ったとの事です。その頃の飛行機といえば、おそらく低速の複葉機(主翼が上下に2段のもの)と思われます。当時は高層の建物と言えば左下に見える“山本医院”の洋館くらいの様でした。上端中央より右に当時の国分寺駅が見えます。今と大きく異なるのは建物の数だけではなく、当時は駅前といっても畑が目立ち、緑が非常に多いことが分かります。上の地図と合わせて想像すると想像が広がります。
 写真を提供いただきました浅見宥仁さんには感謝を申し上げます。

写真上/提供 浅見京染店 浅見宥仁氏

  2012再開発開始前の北口駅前

 こちらはGoogle Earthの大体同じ位置の航空写真です。いわゆる大通りは今と同じ曲がり方をしていますので殆ど幅も同じと考えられます。やはり現在での地図では、木々をはじめとする植物が左下を除けば殆ど見られません。かわいらしいかった駅舎も現在は利用客の増大に伴い駅ビルとなり、当時から見ればとてつもない大きさに見えます。昭和2年頃には当たり前だった低層の住宅や店舗は激減し左下の住宅街にまとまって見えます。上の昭和2年の写真では地面は殆ど土で雨水は地面を潤していた事だったのでしょう。
写真左/Google Earthより  画像を南北180度回転してあります。 トップへ

  2013再開発開始後の北口駅前 GoogleEarthより

 こちらはGoogle Earthの大体同じ位置の航空写真です。いわゆる大通りは今と同じ曲がり方をしていますので殆ど幅も同じと考えられます。やはり現在での地図では、木々をはじめとする植物が左下を除けば殆ど見られません。かわいらしいかった駅舎も現在は利用客の増大に伴い駅ビルとなり、当時から見ればとてつもない大きさに見えます。昭和2年頃には当たり前だった低層の住宅や店舗は激減し左下の住宅街にまとまって見えます。上の昭和2年の写真では地面は殆ど土で雨水は地面を潤していた事だったのでしょう。

写真左/Google Earthより  画像を南北180度回転してあります。
   武蔵国分寺名所案内ツアー はこちらから    トップへ

トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 14/Apr./2014 - Last Modefied 22/Apr./2017