IROIROtitle

"一般蛇口のメンテナンス(修理)"

一般蛇口の修理 故障の対策 必要な道具 修理手順 蛇口の分解 ゴム交換 金属部清掃

  消耗品の水栓コマ      トップへ

 生活に無くてはならない水道ですが、長い間使用していると、蛇口のコックを閉めてもポタポタと垂れてしまう場合があります。静かなシンクならば余り気になりませんが、旧型のステンレスの流し台では等間隔に発する音が気になります。今回は、手順を間違えなければ、カンタンにできる蛇口の修理を行います。ちなみにレバー式の蛇口は、本体の交換になる場合が殆どです。
 水道の元栓から水道管で洗面所、トイレ、台所、浴室に繋がっています。この先には蛇口が付いています。水道の蛇口のコックは、当たり前のように使っていますが、内部にネジが切られていて、コックを右に回すととそれが下がってその先にある「水栓」を入口に蓋をする構造になっています。開くとその反対で、水栓が上がり、圧力のかかった水道水が蛇口から流れ出ます。
 ここでは、メンテナンスがとてもカンタンで、どなたでも出来る従来からあるキッチンの壁式混合栓2バルブの一般水栓の修理を行います。

   故障の状況と対策      トップへ

 これが蛇口内から取り出した、水栓のゴムパッキンです。このタイプはゴムのみ交換ができますが、ほかに後にご紹介します一体型もあります。このタイプはネジ交換型に比べると消耗したらもう捨てるしかありませんのでエコにはならないかも知れません。
 この水栓の殆どは、合成ゴム製で、閉めるたびに蛇口内の水道パイプに押し付けられています。一般的にゴムは弾力性がありますので、新しいうちはこの役目を難なくこなします。しかし経年劣化や、必要以上の閉め過ぎで丸い痕がついてしまい、思うように水を止められなくなってしまいます。この結果水を止める為に強く閉めてしまいます。このような悪循環で、段々凹みが深く硬くなり、用を足さなくなって「ポタポタ」と漏れてしまいます。

   加工に必要な道具      トップへ

  
     今回は切り口が綺麗なビクトリノックスの金ノコを使用します。 その他アルミ材カットには万力があると楽です。

 修理道具は、蛇口部分を修理する物として、水道用プライヤー(または開口25mm以上のモンキーレンチ)、プラスドライバー#2(普通サイズ)、ラジオペンチです。また、ゴムのみ交換にはこのうちのラジオペンチが必要です。
 ちなみに一般のペンチやプライヤーは、開き方が少なく蛇口のナット部分をくわえられません。専用工具は600円〜入手できますので、確実に開け閉めできますので手に入れておくと重宝します。また長さが300㍉程度のモンキーレンチをお持ちの方でも、蛇口のナットを開け閉めできますのでお試しください。

【使用道具をamazonで調べる】

   修理開始/まずは水道の元栓を閉める      トップへ

  
   そばに大きな木があるために水道検診用の蓋を含むケースが歪み土砂が入ってしまっています。  右ー修理前に水道も元栓を完全に閉めます。

 水道関係の修理をする前に、必ず水道の元栓を済めなければなりません。この作業を忘れて修理をすると、水圧でカバーナットが収まらず、元栓を止めるまで水が噴き出します。部屋中が水浸しになり、とんでもないことになります。こんなことが起こらないように先ずは元栓を閉めます。 水浸しになり掃除をすることを想像するだけで、ゾーッとしてしまいます。

  蛇口を分解する      トップへ

  
左ーレバーなどが付いている場合は外します。               右ーレバーを外すと蛇口のカバーナットが出てきます。
  • レバーなどが付いている場合は蓋を外しネジを緩め取ります。
  • 蛇口本体の軸を出します。
  • 水道用のウォターポンププライヤーか25㍉以上のモンキーレンチで蛇口のナットを外します。
  • 軸を抜き上げると上部が外れます。
  • 本体内部にコマの軸がみえますので、先の細いラジオペンチなどでつかみます。
  • 蛇口本体から古い水栓を取り出します。
  • 用意した新しい水栓コマを蛇口本体内部に入れます。
  • 用意した新しい水栓コマを蛇口本体内部に入れます。
  • 蛇口の軸と一緒になったナットを手でネジ込みプライヤーで止まる所まで締め込みます。
  • 次にプライヤーで締め込みます。(閉めすぎると回りにくくなります)
  • ハンドル(レバー)を取り付けます
組み上がった後に

 ナットの締め付けの確認をして、問題が無ければ屋外にある水道の元栓を全開にして蓋を閉めます。水道の蛇口を開いてで具合を確認します。使ってみて開け閉めが硬い場合はナットを少し緩めます。問題が無ければ、修理終了となります。

  交換できる蛇口のコマのゴム交換      トップへ

 蛇口のコマには、使い捨てタイプ、使い捨て節水タイプ、ゴム交換タイプがあります。節水タイプも魅力的ですが、一番経済的な物はこのゴム交換タイプです。
 ゴム交換には、プライヤーかラジオペンチを用意します。下でご紹介致しますが、ゴムパッキンが下部で留っているだけです。このナットを弛めればゴムパッキンが外れます。このコマの経済的なことはこれだけではありません。丸く凹んでしまったゴムパッキンの反対側は無傷ですので、こちらの面も使うことが出来ます。特に硬化していなければ、快適に使用できます。

  
左ーゴムパッキンが交換できる蛇口の水栓。             右ーラジオペンチなどでナットをゆるめます。
  
左ー新しいゴムパッキンと交換します。             右ーラジオペンチなどでナットをしめて完成。
 
     左ー使用後のゴムパッキンです。              右ー新品と使用後のゴムパッキンの状態です。

  交換できる蛇口のコマの金属部分の清掃      トップへ


左ーゴムパッキンが交換できる蛇口の水栓。             右ー液体系の錆び落としと綿棒。

左ー新しいゴムパッキンと交換します。             右ーラジオペンチなどでナットをしめて完成。

 蛇口の水栓コマは金属部分が真鍮で出来ています。最初は金色の真鍮は、長い間で変色してしまいます。特に健康に問題は無いと思われますが、見た目が余り綺麗ではありません。この機会に錆びとり剤で綺麗にしてみることにしました。錆びとりには、ピカールの様な研磨剤系のものと液体の薬剤軽の物があります。ここで使った「アトムおち太郎さび落とし」は研磨系の物と違い塗って置いておくだけで錆が消えてくれます。最後には水洗いが必要となります。処理後に真鍮は少し銅に近い色になりますが、ナイロンたわし等で綺麗になります。


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 21/Oct./2016 - Last Modefied 4/May./2017