IROIROtitle CHSいろいろサイト/お鷹の道
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

国分寺崖線と恋ケ窪谷

   国分寺崖線      トップへ

 現在よりさかのぼること約10万年前、現在の府中を流れる多摩川は広い扇状地を作っていました。大雨による洪水などで川筋はその度に流れを変え、その時の恋ケ窪は多摩川の流路にありました。
5万年前頃に氷河期がやってくると今までの海面は下がり、扇状地ができるくらい緩やかな流れだったものが、勾配がかなりきつくなり扇状地を削りました。それが武蔵村山市緑が丘から等々力渓谷まで続く、高低差が約20mに及ぶ国分寺崖線となりました。現地におもむき高低差のある崖の当時の様子を想像すると脳裏に大きく広がった多摩川の景色が広がっていきます。

   恋ケ窪谷      トップへ

 西国分寺駅の東側(東福寺周辺)は、自転車で上るには辛いくらい急に勾配が落ちています。当時はこの崖から湧き出た水や、小川などが多摩川本流に滝となって流れ込んでいました。この小川に長い年月削られ谷ができました。これが東福寺周辺に広がる窪である恋ケ窪谷になりました。江戸時代の明暦3年(1657)には玉川兄弟がひいた玉川上水より分水がおこなわれ、この地にも「恋ケ窪用水」許可されました。引かれ田畑から農作物も収穫することができました。しかし、窪地がゆえの冠水で悩まされ、下水道が整備されてから宅地化が行われ水田は姿を消していってしまいました。平成10年に東京都と国分寺市は姿見の池「国分寺姿見の池緑地保全地域」として整備しました。カワセミや白サギなどが訪れる素晴らしい場所が、駅から数分の場所に存在します。

資料「恋ケ窪谷の水の歴史と健全な水循環の再生」看板より一部抜粋
トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 8/Aug./2011 - Last Modefied 5/Jan./2017