IROIROtitle
このコーナーは、生活の中で色々試したポートです。ここに書かれている記事をお読みになりご参考になさって下さい。
ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ

ペダルメンテナンス / ペダルの清掃・グリスアップ

スポーツ自転車ペダル 買物自転車ペダル 簡易メンテナンス
 トップ   工具   ペダル外し   分解清掃  ペダル組立て 最悪の場合はペダル交換 ビンディングペダル

  ペダルメンテナンスで快適ペダリング    トップへ

PedalCap

 自転車は時が流れて10年を越えると、今まで何ともなかった箇所が調子が悪くなってきます。一番酷使される箇所として、ペダルがあげられます。特に雨ざらしにされている自転車は要注意です。BBの清掃・グリスアップは前回、BB異音修理で取り上げさせて頂きました。修理箇所のBBはグリスアップを行ったので快適なのですが、前進するためペダルを踏み込みますが、ペダル部分は今までメンテナンスをやっていませんでした。分解せずに外側からグリススプレーで注入していましたが、これがベアリング部分まで入っているかは分解してみないと分かりません。

  使用する工具    トップへ

ratchetWrench

 ペダルを外すにはペダルレンチの他に、ペダルシャフトを外すために別の工具が必要です。メガネレンチは隙間の関係で使用する事が出来ませんが、ラチェットレンチは狭い隙間に入れる事が出来ます。12mmのラチェットで外側のナットを外せます。奥の玉押しのナットのサイズは14mmでした。ラチェットレンチのセットがあれば問題なく作業が出来そうです。中間のワッシャーを取り出す為のにラジオペンチの様な工具と最初にペダルの一番外側には樹脂のキャプが付いていますので精密ドライバーの細いものが必要です。あとはグリスです。
まだラチェットレンチをお持ちでなく、この整備のために購入する方は、最低でもラチェットハンドルと12mm,14mm(こちらは買物自転車のクランクにも使えます)のソケットが必要です。

  ペダルを取り外す ソケットレンチの作業    トップへ 

 
PedalParts PEDALIllust
写真左ーペダルを分解した状態で固定のナットは写っていません 写真右ークランク側のベアリングはペダル内
分解する時のご注意!!:

ベアリングはバラで入っていますので、分解する時は必ず無くさない様に下に布(タオル等)を敷くか、トレーを置いてから始めます。

  1. 精密ドライバでペダルの車軸キャップを外します。
  2. 外した箇所の奥にナットが見えますが、これはソケットレンチでしか外せません。
  3. ソケットレンチに12mmを差込みます。
  4. このレンチで奥にあるナットを弛めます。
  5. 弛めると穴が円の上下を削いだような穴のワッシャーが出てきます。
  6. これをラジオペンチの様な先の尖った物で取り外します。
  7. 奥に玉押しのナットが見えてきます。
  8. ペダルレンチで取り外したベダルの部分のシャフト端を押さえて、ソケットレンチの14mmで玉押しを弛めます。
  9. これでペダルからシャフトを取り出せます。
  10. 私の自転車の場合、ペダルの内側は粘度を増したグリスが残っていた物の、外側のベアリングは完全に油ギレをしていました。樹脂製のオイルシールは付いている物の、13年物なので摩耗して機能が低下したと考えられます。
  11. ペダルシャフトのベアリングと玉押しをパーツクリーナーで清浄します。
  12. グリスアップをして、玉押しのナットをネジ込みますが、締めすぎるとゴリゴリして回転に支障をきたしますので、弛め気味に内側のナット締めた方が良いと思います。

  ペダルを組立てる     トップへ

  1. イラストにありますように固定するには2つのナットで固定します。1番目のナット(玉押し)は二番目のナットを締め込んだ時に食い込みますので、少し弛めに締めておきます。
  2. クランク側をペダルレンチで押さえながら、ペダル内のナットをソケットレンチで締めたら、ペダルの軸を持って回転させてみます。これでゴリゴリしたら弛めなければいけません。また、左右にガタガタと動くようではいけません。
  3. 調整後にペダルを手で回してスムーズに回転するかを確かめます。引っかかるようでは転倒の危険がありますので、異常な場合は再調整します。
PedalBearingPWgreas
【まとめ】

 分解の結果この自転車はオイルシールの消耗のせいか、クランク側の方が油切れが目立ちました。あまり状態が悪いようでしたら、ペダル自体の交換も一つの選択肢になると思います。分解する事によって状態の確認が出来ますので、グリスアップで様子を見る事にしました。
先ほど分解した構造を思い出しますと、クランク側のシャフトに玉押しとベアリングが、ベダル側にベアリングとナットを兼ねた玉押し、その外側には回転しないワッシャーと締め付けのナットがあり、ペダル本体のシールキャップとなっています。長い間乗っているとシール部分に摩耗があり隙間が気になりました。
ペダルを分解する時には、ベアリングはバラで入っていましたので、下に布などを敷いて無くさないような注意が必要です。

【注意!!】
 ここの修理はソケットレンチがないと全く出来ません。ペダルは回転の要の部品ですのでグリースがたっぷり付いています。先細のグリスガンまたは、薄手のゴム手袋があると便利です。グリスアップ後は必ず滑らかに回転することを確認してください。

   最悪の場合はペダル交換      トップへ

 ご自分でしっかりメンテナンスをするのには、各サイズのソケットレンチ、グリスなどが必要です。機械いじりの苦手な方にはベダル本体の交換がカンタンです。
 使う工具は柄の長い15㍉のスパナまたはペダルレンチのみでOKです。取り外しは『踏み込む方向で締まる』ように左側が逆ネジになっていますので、間違って締め込みすぎないように注意が必要です。


シティーペダル

フラットペダル

  普通の靴では使用不可能なペダル    トップへ

ShimanoSPD_P

 ビンディングペダルには、専用シューズにネジ止めされた小型の金属パーツと、ペダルを噛み合わせるSHIMANOのSPDタイプあります。また専用シューズに取付られたプラスチックのパーツ(クリート)をペダルに差し込んでロックするものがあります。ともにいわゆるスキー板のビンディングと同じ様な構造で、転倒時やシューズを外側にひねると解放してくれます。無駄無くペダリングで着るのがメリットですが、慣れるまで停止時に転倒し怪我をすることがあります。
 先述のSPDタイプはクリートタイプと違い、部品が小さいため歩行時にはかなり歩き易くなっています。
 ただし、普通の靴でペダルを踏み込むと、SPDは靴底に受け金具があたり滑り易く非常に危険です。下中央の写真は左側が両面タイプのガード付きで、右側はSPD部分に付けるペダルパーツで片側はフラットになっています。最初から片面がフラットになっているものも販売されています。
 下段右の写真は、クリートタイプで、上段がULTEGRAの軽量タイプと2000年頃のLOOKのペダルです。このタイプはクリートを装着すると、フラットになるので一般の靴でも踏めないことはありません。しかし滑り止めの凹凸が殆どありませんので滑ります。このように、一般使用ではシティペダルや滑り止めのピン付きフラットペダルが一番使い易くなっています。(但しブリップの良いピン付きタイプは、靴底を傷める可能性があります。

SPD_R SPD_OffR CreatPedal
SPDペダル
SportsPedal MChariPedal EPedalM 
ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 15/Feb./2014 - Last Modefied 21/Aug./2016