IROIROtitle
カバー類の開いてしまったファスナーの修理

  ジャンプ: 修理開始  下止め取り外し  スライダー挿入  下止めをカシメる

  リンク: 種類と構造 開いたファスナーの修理  布噛みしたファスナーの修理 OPファスナーの修理 洗濯ネットのファスナー修理
SFf_SliderBroken

 この例は、敷き布団カバーに使われているファスナーが壊れて、全開になってしまった状態です。よく見ると、スライダー部分が踏まれたのがなにかで、かなり破壊されています。確認した所他には問題がなかったので、これが全開になってしまった原因の全てになります。
この場合は、スライダー破壊されているので、ツマミの調整が出来ませんので他からサイズ・形状の合った使える物を用意します。使わなくなった衣類から『ファスナーツマミ』を外しておくと、出番が来る場合がありますので、捨てる前にチェックしましょう。無い場合は、手芸店などで同じつまみ形状のスライダーが付いている同型式・同番手のファスナー(この場合ナイロンコイル)を購入して、その部分のみ取り外して使います。


【アマゾンで工具を調べる】

ケイバ(KEIBA)
マイクロニッパー MN-A05

King TTC
ミニエンドニッパー
115mm EN-115

エンジニア
ミニチュアラジオペンチ PS-01

エンジニア
精密ドライバー
セット DK-20

  修理開始      トップへ

 全開になってしまった2mほどあるファスナーコイルの左右を指で噛み合わせるのは時間がかかりますし、ちょっとした事で一瞬に苦労が水の泡になる可能性があります。今回はカバー類のファスナーの修理で、使われているファスナーはナイロンコイルがほとんどです。ナイロンコイルタイプは方向がないので、開いた状態でスライダーを差込めます。ムシがアルミ製の場合ムシが抜けたりすると諦めるしかありません。
まず最初に、壊れたスライダーを取り外します。次に下止めの場所を確認します。作業手順としては、下止めを取り外し、用意した同型式のスラーダーを差込んで、下止めを元に戻し完成という事になります。

SFf_StoperFront   SFf_stoplock
 下止めはコイルファスナーの下の部分にあります           裏側の部分をめくって下止めのつめ部分を露出します。 下止めがアルミで出来ていますので、爪の開閉は比較的楽ですが、必要以上に曲げるとカンタンに折れてしまいます。最悪の場合はスライダーを通した後に糸で縫い合わせます。
SFf_StoperPstand   SFf_StoperRM  精密ドライバーのなかでの小さめのマイナスのドライバーを用意します。これで下止めの爪部分を起こします。ほぼ直角に起きたら、反対側から精密ドライバーを下止めの隙間に差込みます。ドライバーを少しずつ持ち上げると下止めが外れます。

  下止めを再利用 トップへ

SFf_Stoper  SFf_StopPinStr

外した下止めの爪は曲がっていますので、差込みやすい様に真直ぐに伸ばしておきます。


TOPへ
SFf_NSliderInOS""   SFf_NewSliderIn
取っておいたスライダーを下止めが付いていた部分から、まず片側をスライダーの溝に差込みます。安全のためにすこし上に移動しておきます。次に反対側のムシの入りそうな場所を確認しておきます。この位置にスライダーを戻してムシの切れ目から上に向かって差込みます。

  ファスナー下止めを戻す      トップへ

SFf_StopPinD   SFf_StoperIn
SFf_NewSlider

スライダーが完全に入ったら、今度は修正した下止めを本来の場所に戻します。この時下止めの位置は取り外した時に穴が塞がっていなかったので、カンタンに入りました。
下止めの片側3本、もう片側2本の爪が完全に出ているのを確認してから爪を折り曲げます。
スライダーを動かして問題なければ完成です。動きが重い場合はローソクのロウを塗ってあげると動きが軽くなります。


ジャンプ: 修理開始  下止め取り外し  スライダー挿入  下止めをカシメる
  リンク: 種類と構造 開いたファスナーの修理  布噛みしたファスナーの修理 OPファスナーの修理 洗濯ネットのファスナー修理 布団カバーのファスナー修理

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 5/Jan./2014 - Last Modefied 4/May./2017