IROIROtitle
iroiroLOGOsss

新ページのお知らせ サイクリング
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で風景撮影

1510CosmosBeeSS
D500で晩夏の花撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影


D750view
ニコンD750レポート

1510CosmosBeeSS
D750で春の花撮影

KRS_2FaquaS
D750で水族館内の撮影

THK_HibariS
D750で博物館内の撮影

TDK15CheaterS
D750で動物の撮影

SkyTreeTopS
D750でスカイツリー撮影


【NIKONの製品】


Nikon D500
暗部性能に磨きをかけた10コマ/秒のDXデジタル一眼レフカメラ

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D750 ボディー
※軽量・高性能・深いグリップ・チルト液晶
1920×1080:60p動画

Nikon D5500ボディ
2400万画素 3.2型液晶
※バリアングル液晶+
Wifi+タッチパネル
1920×1080:60p動画

Nikon 単焦点レンズ
AF-S NIKKOR 300mmf/4E PF ED VR
※高性能で軽量な300mmレンズ


Nikon 望遠ズームレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
※軽量で高画質のf4ズームで近接1.0m!

Nikon テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER
TC-20E III フルサイズ対応
 焦点距離が2Xになる
コンバーター
(対応要確認)

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm
F5-6.3 Di VC USD
ニコン用 フルサイズ対応

掲載データ“禁転載”

lolipop

chs_banner

12月中旬の釜の淵公園の野鳥/青梅市

釜の淵公園/青梅市: 釜の淵公園(10月下旬) 釜の淵公園(12月中旬) 釜の淵公園(12月下旬) 紅葉の釜の淵公園(11月下旬) 釜の淵公園の野鳥(10月上旬) 釜の淵公園の野鳥(12月中旬)

   多摩川中流域の岩壁で独特の景色の釜の淵公園      トップへ

釜の淵公園は東京都青梅市駒木町にある公園です。青梅線の青梅駅から約1.1km南にある蛇行した多摩川の周辺の公園で、近くに「かんぽの宿 青梅」が対岸の高台に建っています。釜の淵公園は、左の地図にあります様に、多摩川の流れが感もの宿近くの岸壁に当たり流れが北に向かいます。この後平坦な地形が続きますが、再びマンションの基礎ともなっている岩盤にぶつかり、流れは急カーブを描いて南に向かいます。この下流には鮎美橋がありますが、この下流が平坦な流れになりこの下流で再び岩盤に当たり流れは北東方向へと向かいます。
釜の淵公園は、「かんぽの宿青梅」の半島状に北側へ突き出した、緑多い公園となっています。このため、近くに流れる川、木々が豊かな森が野鳥にとってうってつけの生息環境となっています。

   12月中旬の釜の淵公園の野鳥      トップへ

 多摩川の右岸に広がる釜の淵公園は、森の中に遊歩道が巡らされています。霜柱ができる頃落葉樹は、葉を落とし木々は枝をあらわになってきます。冬の冷たい風が吹き、枝に残っていた葉は風とともに大量に飛ばされていきます。
 透明度を増した多摩川の急な流れは、その落ち葉を下流へと運んでいきます。


トンビ同士のバトルで橋の塔のそばを通った時の1枚。
Tonbi1712KMFP_TurningVR Tonbi1712KMFP_StraightF2 Tonbi1712KMFP_TurningVL
今回は3羽のトンビがバトルをしていました。これは空を旋回するトンビ

   冬のシジュウカラ:木々の間を飛び移つる野鳥      トップへ


2Shijukara1712KMFP 2ShijukaraF1712KMFP

 こちらの野鳥はシジュウカラで、大きさが15cm弱くらい大きさでスズメと同じくらいの大きさです。気温が下がっても野鳥たちは元気です。葉が落ち視界がひらけ、この時は珍しくつがいでしょうか、2羽で行動をしていました。この時の写真で、片方のシジュウカラは、木の幹に隠れている虫を突っついている様でしたが、こちに気づいたのか上の方の一羽が飛び立った瞬間の写真です。

   冬のエナガ:木々の間を飛び移つる野鳥      トップへ

Enaga171212Branchh Enaga171212BranchEat
写真ー小枝で餌を食べるエナガ。
撮影:NIKON D500 TAMRON 150-600mmf5-6.3 (900mm相当)

   餌を探す冬のコゲラ:木々の間を飛び移つる野鳥      トップへ

Kogera171212KMFPLAutmL Kogera171212KMFPL
写真ー木の幹のくぼみに潜む虫を、念入りに探すコゲラ。

右は2羽のコゲラを取られた写真です。
撮影:NIKON D500 TAMRON 150-600mmf5-6.3 (900mm相当)

   アオゲラ:木々の間を飛び移つる野鳥      トップへ



右はアオゲラを捉えた写真です。残念ですが、手前の小枝が邪魔をしています。

 アオゲラは留鳥で、全長が29cmある中型のキツツキの仲間です。羽の部分はメジロの様な「うぐいす色」で「コゲラ」は背部分が縞模様なのに対して、アオゲラは腹部分が白とこげ茶の縞模様になっています。頭頂部と頰に朱赤の色があるのが特徴です。

   メジロ:木々の間を飛び移つる野鳥      トップへ


メジロを撮影しましたが、この1枚のみで忙しなくすぐに飛び去ってしまいました。

   サギ類:水辺の野      トップへ


サイザギがいきなり飛んできたので、後ろ姿になってしまいました。

アオサギの飛行写真です。
撮影:NIKON D500 TAMRON 150-600mmf5-6.3 (900mm相当)

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  18/Dec./2017 - Last Modefied 18/Dec./2017