IROIROtitle

このページでは、実際試してみた個人的な感想です。ご参考になれば幸いです



布噛みしたファスナーの修理

   ジャンプ:スライダー調整  スライダー挿入  下端止め

  リンク: 種類と構造 開いたファスナーの修理  布噛みしたファスナーの修理 OPファスナーの修理 洗濯ネットのファスナー修理 布団カバーのファスナー修理


ちょっとした拍子にファスナーに衣類などの布部分が噛んでしまうことがあります。以下の例は比較的厚手のものです。透ける様なブラウスなどは力加減をしないと破損してしまう場合がありますのでご注意ください。

 この例は、スボンの前立てを噛んでしまったケースです。ちょっとしたタイミングでスライダーをさげる時に前立て部分を引き込んでしまいました。
本来前たて部分はファスナーのカバーとなっていて、上にある物ですが、コイル部分にとスライダーの隙間に入ってしまっています。この状態でツマミ(スライダー)を動かそうと思ってもビクともしません。

  修理開始

  
 スライダーはこの様になっています。               上方向には食い込んで動きそうにありません。

つまみ(スライダー)の形状は左上の様な構造になっています。スライダーを持ち上げてさげるには、さらに食い込むことになります。右の写真でご覧になれます様に、前立てを巻き込む様にスライダーの入口から入ってしまっています。

  
前立ては食い込んでいるものの、スライダーの下側は平になっています。

  • ムシ(コイル)部分に被さっている、前立てを開く様に右側に引っ張ります。
  • スライダーの内部に引き込まれてしまっている前立て部分を、ツマミを持ち上げながらゆっくり下げます。 ※ツマミを持ち上げないとストッパー(爪)が外れません
  • 徐々に巻き込まれた前立て部分が出てきます。

  • 【アマゾンで工具を調べる】

    ケイバ(KEIBA)
    マイクロニッパー MN-A05

    King TTC
    ミニエンドニッパー
    115mm EN-115

    エンジニア
    ミニチュアラジオペンチ PS-01

    エンジニア
    精密ドライバー
    セット DK-20

    リンク: 種類と構造 開いたファスナーの修理  布噛みしたファスナーの修理 OPファスナーの修理 洗濯ネットのファスナー修理 布団カバーのファスナー修理
    トップへ


    CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 5/Jan./2014 - Last Modefied 12/Jun./2015