IROIROtitle CHSいろいろサイト/お鷹の道
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

国分寺が水源の野川

   野川のお話      トップへ

 野川は国分寺市にある日立中央研究所を源とし、途中調布市入間町の入間川と世田谷にある「みつ池」から流れ出る湧水を合わせ世田谷で仙川と合流し、多摩川と平行に流れ二子橋下を流れ二子玉川線駅の下流で多摩川と合流する全長約20kmの河川です。
 源流は日立中央研究所構内にある大池から流れ出る通称「大川」で、一旦西武国分寺線とJR中央線の下を潜り一里塚へと流れます。もう一つは東元町の武蔵国分寺・真姿の池周辺の「真姿の池湧水群」で、この流れは国分寺街道の一里塚バス停の西側にある不動橋(国分寺街道の一里塚橋上流)のあたりで一つになります。

   野川遊歩道      トップへ

 この野川は小金井市に入る辺りで、野川遊歩道が始まります。ここは河原を広くとってあり、寒い時期をのぞく季節は子供連れの親御さんが水と親しんでいる光景がたくさん見られます。さらに遊歩道を進むと府中運転免許試験場北から始まる武蔵野公園に出ます。ここでは自転車も走れる遊歩道が整備されています。西武多摩川線が高架のガードで交差する先には、くつろぎの人気スポットである「野川公園」があります。野川遊歩道は、水辺と遊歩道で構成された、身近に自然を感じることが出来る素敵な場所であるいえます。

   野川の水位監視をHPから      トップへ

 国分寺街道にかかる「一里塚橋」の袂には国土交通省のテレメーター(遠隔計測記録装置)が備わっていて、10分毎に計測されデータは国土交通省の川の防災情報に送られ、一般に公開されています。
 最近はゲリラ豪雨や、豪雨域が停滞するなど大きな被害が各地でおこっています。特に国分寺は国分寺崖線が通っており起伏が激しい箇所が多く存在します。大雨の時など勾配のある地形の下などでは大きな被害が出る時もあります。野川の水位状況がリアルタイムが確認できますので、避難の指針として参考になると思います。


写真−国分寺街道に架かる一里塚橋の手前で真姿の池湧水群と合流する。
テレメータ一里塚橋計測結果はこちらです。 ※毎時か10分毎の最新のデータがご覧になれます。

トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 14/Apr./2014 - Last Modefied 22/Apr./2017