IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

JR青梅線
JR青梅線の駅 (48P)


特集:奥多摩・檜原村

HinoharaAveS
奥多摩周辺のスポット


特集:御岳渓谷遊歩道

MVRT_IkStepS
軍畑~美術館(8項目)


東京近郊のダム湖特集

MGKE_ZenkeiS
宮ヶ瀬湖畔園地

TL_ShiroyamarDamS
城山ダム(津久井湖)

OGD_BoatUpS.jpg
小河内ダム(桜の季節)


特集:奥多摩川の橋梁

OkutBridgess
多摩川上流部の橋梁(44)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門~愛宕橋


kankouchi

HamariQUmiteS
浜離宮恩賜庭園

MJG_OhToriiS
明治神宮御苑

SkyTreeTopS
東京スカイツリー

TtowerD_upS
芝/東京タワー

TSTGRoofBtCs
東京駅周辺散策

AsakusaS
浅草エリア

KMOcyouchinS
浅草/雷門大提新調

AsaKnakamiseS
浅草寺・仲見世

HOTARUNAs
隅田川ライン

SZJtokyoT_BS
芝/芝増上寺

EdoTHs
江戸東京博物館

ShinbasiGsS
新橋界隈

NewTSdomeE
東京駅復元

SNJ_NishiguchiS
高所から新宿西口


NGY_ZigokuNozokiS
南房総・鋸山

KMP141228KFPss
釜の淵公園/青梅

1308MtTKBStAMs
高尾山


norimono

NMdarinS
帆船日本丸

HikawamaruS
1月上旬の横浜氷川丸

CHMKchiriinS
調布飛行場まつり

TKPt6gS
所沢航空発祥記念館

掲載画像・データ:禁転載

lolipop

chs_banner


【動物ミニチュア】
〔アフリカの動物〕

Schleich シュライヒ
ライオン (オス)

Schleich シュライヒ
ライオン (メス:歩)

Schleich シュライヒ
トラ (オス)

Schleich シュライヒ
ヒョウ

Schleich シュライヒ
Schleich シュライヒ
キリン (メス)

Schleich シュライヒ
シマウマ (オス)

Schleich シュライヒ
アフリカ象(オス)

Schleich シュライヒ
カバ

Schleich シュライヒ
ゴリラ(オス)

Schleich シュライヒ
チンパンジー (仔)

Schleich シュライヒ
ミーアキャット (立)

Schleich シュライヒ
ダチョウ
〔アジアの動物〕

Schleich シュライヒ
インド象(オス)

Schleich シュライヒ
ジャイアントパンダ

Schleich シュライヒ
コウノトリ
〔南アメリカの動物〕

Schleich シュライヒ
アルパカ(オス)
〔オーストラリアの動物〕

Schleich シュライヒ
カンガルー

Schleich シュライヒ
コアラ (メスと仔)

多摩動物公園  夏休み最後の多摩動物公園

  4月の多摩動物公園  5月の多摩動物公園  9月の多摩動物公園   8月の多摩動物公園  2014/9の多摩動物公園   多摩動物公園のマンホールデザイン  動物園マップ 

   人々で賑わう多摩動物公園      トップへ

 H25年の大型連休の28日に都立多摩動物公園行ってきました。通称多摩動物園は連休になると交通渋滞が起きて、以前その大渋滞の先頭が駐車場の入口ということがありました。おそらくこの連休も同じことが起きていると考えて、今回はカメラを担いで自転車で行ってみることにしました。
モノレールが走る503号線に入ると高幡不動駅の手前からすでにノロノロ渋滞が始まっていました。連休のお出掛けには公共交通機関を利用されたほうが良いかも知れません。
上野動物園の約4倍の起伏のあるエリアには、各動物が配置されていいます。全てまわることができませんでしたが、見ることが出来たものをご紹介いたします。

多摩動物公園のマンホールデザイン
【多摩動物公園のお話】
多摩動物公園は、東京都日野市に建設され1958年の5月5日に開園しました。上野にある恩賜上野動物園と並ぶ日本有数の動物園となっています。ここ多摩動物公園は起伏に富んだ丘陵地に作られていて、各動物展示の 間隔があるため、お年寄りや小さなお子さんなどに楽に見て頂けるように園内のシャトルバスが運行されています。上の地図にありますように、広大な敷地はアフリカ園、オーストラリア園、アジア園、昆虫園の4つに大きく分かれています。
なかでもアフリカ園のライオンエリアには、窓に金網が張られ、安心して間近に見られるライオンバスが運行されています。またフライングエリアの中には猛禽類のワシの仲間が飛び回って間近に寄ってくることがあるので、迫力があります。
そして園の一番高い場所には、オラウータンのスカイウォークがあり長く高く張られたロープを渡るオラウータンの姿が人気となっています。
〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕多摩動物公園のマンホールデザイン 

   アフリカ園      トップへ


左ー木の上のライオンが下を通るライオンバスに睨みをきかせる    右ーライオンエリアの草むらには木陰で休むライオン夫婦の姿が

左ーガラス越しに均整の撮れたチーターが間近に見れる        右ーフラミンゴエリアには群れで見ることが出来る

左ーキリンのエリアには白オリックスが同居している          右ーアフリカ象の親子は砂浴びをしていた

左ー子供のキリンがダチョウに興味を持つけれど、ダチョウは困惑ぎみ       右ーこのグレビーシマウマは隔離されていた

   アジア園      トップへ


左ー赤ちゃんを運んでくると云われるコウノトリの目は鋭かった  右ーナベコウはコウノトリと同じケージに同居

左ー滝のある厳重なフライングケージには猛禽類のワシが飛び回る     右ーヒメコンドルはオジロワシを追い払っていた

左ー滝のある岩場にはイヌワシの夫婦らしき姿が          右ー角は鹿、頭は馬、体はロバ、ひづめは牛という四不像(シフゾウ)

左ーユキヒョウは岩のある専用のケージの中に2頭          右ーヒマラヤタールは長い毛と巻いた角が特徴

左ー可愛らしいレッサーパンダは慌ただしく動き回わっていた      右ーインドサイは気持ち良さそうに昼寝の最中

   オーストラリア園      トップへ


左ーお目当てのウォンバットは夜行性で干し草の中で熟睡中       右ー赤カンガルー達は、日向でくつろいでいた

左ーオーストラリア全域に生息するダチョウの仲間で足指が3本       右ー重さが600gあるエミューの卵で、オスが子育てをする
〔ワライカワセミ〕
日本の水辺で見かけるカワセミが全長17cm位といわれていますが、くちばしが長いので胴体はスズメくらいの大きさと云われています。それに対してワライカワセミの成鳥は全長は40cm以上ありますので、初めて間近で見た時は大きさの違いに驚かされます。この日は、鳴き声を聞けませんでしたが、YouTubeで見つけました。

ワライカワセミの鳴き声は(山梨日日新聞社 甲府市立動物園/ワライカワセミ「こだまちゃん」)で聞けます。

左ーアオバネワライカワセミ  羽の一部が青く、ごま塩頭        右ーワライカワセミは日本のカワセミのと違い巨大でした
〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕
2013/5の多摩動物公園   2014/8の多摩動物公園  2014/9の多摩動物公園 多摩動物公園のマンホールデザイン 

トップへ撮影:NIKON D800 24-70mmf2.8,28-300mmf3.5-5.6


 トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 1st/May/2013  - Last Modefied 6/May/2017