IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

JR青梅線
JR青梅線の駅 (48P)


特集:奥多摩・檜原村

HinoharaAveS
奥多摩周辺のスポット


特集:御岳渓谷遊歩道

MVRT_IkStepS
軍畑~美術館(8項目)


東京近郊のダム湖特集

MGKE_ZenkeiS
宮ヶ瀬湖畔園地

TL_ShiroyamarDamS
城山ダム(津久井湖)

OGD_BoatUpS.jpg
小河内ダム(桜の季節)


特集:奥多摩川の橋梁

OkutBridgess
多摩川上流部の橋梁(44)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門~愛宕橋


kankouchi

HamariQUmiteS
浜離宮恩賜庭園

MJG_OhToriiS
明治神宮御苑

SkyTreeTopS
東京スカイツリー

TtowerD_upS
芝/東京タワー

TSTGRoofBtCs
東京駅周辺散策

AsakusaS
浅草エリア

KMOcyouchinS
浅草/雷門大提新調

AsaKnakamiseS
浅草寺・仲見世

HOTARUNAs
隅田川ライン

SZJtokyoT_BS
芝/芝増上寺

EdoTHs
江戸東京博物館

ShinbasiGsS
新橋界隈

NewTSdomeE
東京駅復元

SNJ_NishiguchiS
高所から新宿西口


NGY_ZigokuNozokiS
南房総・鋸山

KMP141228KFPss
釜の淵公園/青梅

1308MtTKBStAMs
高尾山


norimono

NMdarinS
帆船日本丸

HikawamaruS
1月上旬の横浜氷川丸

CHMKchiriinS
調布飛行場まつり

TKPt6gS
所沢航空発祥記念館

掲載画像・データ:禁転載

lolipop

chs_banner


【動物ミニチュア】
〔アフリカの動物〕

Schleich シュライヒ
ライオン (オス)

Schleich シュライヒ
ライオン (メス:歩)

Schleich シュライヒ
トラ (オス)

Schleich シュライヒ
ヒョウ

Schleich シュライヒ
Schleich シュライヒ
キリン (メス)

Schleich シュライヒ
シマウマ (オス)

Schleich シュライヒ
アフリカ象(オス)

Schleich シュライヒ
カバ

Schleich シュライヒ
ゴリラ(オス)

Schleich シュライヒ
チンパンジー (仔)

Schleich シュライヒ
ミーアキャット (立)

Schleich シュライヒ
ダチョウ
〔アジアの動物〕

Schleich シュライヒ
インド象(オス)

Schleich シュライヒ
ジャイアントパンダ

夏休み最後の多摩動物公園

4月の多摩動物公園  5月の多摩動物公園  8月の多摩動物公園  9月の多摩動物公園   多摩動物公園のマンホールデザイン  動物園マップ 

   猛暑一休みの多摩動物公園      トップへ

 ニュースではオラウータンの赤ちゃんが生まれたとのニュースもあったので、夏休み最後の日曜日に、久々に多摩動物園に出掛けました。マレーバクも赤ちゃんが生まれたとのことです。
園内は夏休み最後の日曜日であったため、こどもの日の無料開放日ほどではありませんが、小さな親子連れの姿が沢山見られました。猛暑は一旦一休みとなって、この日は比較的暑さを感じませんでした。園内は勾配が各所にありますが、木陰を選びながら歩くと比較的ラクに回れます。

   アジア園/ウォークイン・バードケイジ      トップへ


左ータンチョウがソデグロヅルの場所にいました。           右ー気温が上がって来たのでクロトキは水浴びを始めました。

左ートキの後ろからのアップ                     右ークロツラヘラサギはしゃもじの様なクチバシが特徴的です。

左ーインドクジャクは色彩がとても奇麗             右ーインドクジャクの親子のようです。

   アジア園2a      トップへ


左ーインドサイは3頭いましたが、とても暑いのかおのおの別の場所で水に浸かっていました。

左ーヒマラヤンタールは少し高い所に1頭だけて飼育されていました。   右ームフロンはヤギのような顔ですが、太く大きく巻いた角が特徴です。

左ートラはかなり危険なのでしょうか?小屋の中の檻の中に。   右ームフロンはヤギのような顔ですが、太く大きく巻いた角が特徴です。

左ーひと際斜面の広いケージに2頭いた、ユキヒョウはとても精悍な顔立ちをしています。   右ーレサーパンダも木の上で一休み


左ーターキンは中央アジアの標高の高い所に生息しています。      右ーシャモアはヤギの仲間で、下を通る入園客を見下ろしています。

左ーモウコノウマは一番高い場所の、広い所で飼われています。 右ー勾配ある園内で疲れた人は、このようなシャトルバスをご利用ください。

   オーストラリア園2      トップへ


左ー夜行性のコアラは観客が思うように顔を見せてくれません。
コアラ館はいつも人気で小さな子ども連れの人々が、たくさん入館してきます。しかし、コアラは夜行性なので日中の起きている時の、可愛い写真が取れないのが残念です。館内は円形の飼育施設の周りにガラスの境の通路がありますが、観客に見られない様に背をむけて木の枝で寝ています。
写真を撮られる方は、館内の薄暗さも合ってブレやすいので、感度を上げて出来るだけ固定してシャッターを押してください。            右ーワライカワセミは小高い丘の上にいます。


左ーシマオイワワラビーは小さなのカンガルーに似ています。    右ーやっと逢えたウォンバットは姿は見えたけれど熟睡しています。

   アフリカ園      トップへ


左ーここにいたチンパンジーはかなり大きく迫力があります。        右ーこのシマウマは気性が荒いのか檻の中に飼われていました。

左ーアミメキリンは背の高い木の葉を食べています。  右ーキリン同士の鉢合わせ。この高さで目を合わせる生物は、キリンだけでしょう。

左ーアフリカゾウは砂で体を奇麗にするので、表皮は砂だらけです。 右ーこの日、フラミンゴも暑さに負けて盛大に所々で水浴びです。

左ーエリアを走行するライオンバスは近くで鑑賞可能です。  右ーライオンエリアにいる猛獣達は、かなりバテテいる様で日陰で休んでいて余り動きませんでした。
〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕
2013.5.4のコースはこちら    2013.4.28の記事はこちら   多摩動物公園のマンホールデザイン トップへ


この撮影で使用した機材:NIKON D800
TAMRON SP150-600mm
(DXmode撮影で900mm相当)
三脚:SLIKカーボンマスター
824PRO N
ご興味の方は、
右のamazonのリンクで製品の
評価を見れます

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D800 ボディー

TAMRON
超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3
Di VC USD ニコン用

Manfrotto 一脚
680B 4段 大型
アルミニウム製
※プロも使う頑丈な一脚!

SLIK 雲台
SBH-200 DQ N
※中型カメラも
しっかり固定!

   動物ミニチュア      トップへ


Schleich シュライヒ
ライオン (オス)

Schleich シュライヒ
ライオン (メス:歩)

Schleich シュライヒ
トラ (オス)

Schleich シュライヒ
ヒョウ

Schleich シュライヒ

Schleich シュライヒ
キリン (メス)

Schleich シュライヒ
シマウマ (オス)

Schleich シュライヒ
アフリカ象(オス)

Schleich シュライヒ
カバ

Schleich シュライヒ
ゴリラ(オス)

Schleich シュライヒ
チンパンジー (仔)

Schleich シュライヒ
ミーアキャット (立)

Schleich シュライヒ
ダチョウ
〔アジアの動物〕

Schleich シュライヒ
インド象(オス)

Schleich シュライヒ
ジャイアントパンダ

Schleich シュライヒ
コウノトリ
〔南アメリカの動物〕
Schleich シュライヒ
アルパカ(オス)
オーストラリアの動物〕

Schleich シュライヒ
カンガルー

Schleich シュライヒ
コアラ (メスと仔)

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 5/Sep./2014  - Last Modefied 6/May/2017