IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。
第32回 万葉花まつり(2015)

  万葉花まつり/武蔵国分寺史跡公園周辺

 万葉花まつり実行委員会が主催する「万葉花まつり」が武蔵国分寺と史跡公園のエリアで行われました。後援は国分寺市、市教育委員会、市社会福祉協議会、市観光協会、武蔵国分寺、国分寺の名にふさわしい文化都市を築く会です。
 先週行われた「第34回本多花まつり」と史跡公園周辺で行われる「万葉花まつり」が国分寺の2大花まつりです。万葉花まつりは今年(2015)で32回目となる恒例の人気イベントです。
 前日の雨にもかかわらず天候は回復して、すっきり晴れ渡った空の下で開催されました。人出もかなり多く、葉が出始め花もまだ残る公園がにぎわいました。この万葉花まつりは、武蔵国分寺公園で行われる「国分寺まつり」に次ぐイベントで、模擬店や国分寺消防署など各団体等が出展されました。

〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕

 お寺の南側には、障害者団体のエリアが作られ、アクセサリー販売や、陶芸体験などが行われていました。 

 広大な史跡公園の金堂跡では・10時から十小の吹奏楽部の演奏が行われ、壇ではトランポリンが設置されていました。

 国分寺市のキャラクターの「ぶんじほたるホッチ」や「ムーちゃん」などが幼児に人気でした。

 国分寺消防署では広報、国分寺市清掃センターのテントでは「ゴミ分別」をアピール。消防庁のキュータも登場。

 国分寺ブランド認定の「アンビー」が手作りのお菓子を販売。会場では日本赤十字社東京都支部国分寺地区のテントを提供しています。

 ターゲットバードゴルフは子供たちにも人気。ヤマザクラは、若葉との彩りも楽しめますが、この時期が最後です。

トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 12/Apr./2015 - Last Modefied 5/Jan./2017