IROIROtitle

電気コードに中間スイッチ追加

ジャンプ: 中間スイッチ追加 部品の用意 圧着端子を利用する 全ての電線に端子を圧着

   中間スイッチ追加      トップへ

 最近のテーブルタップは、個別でON/OFFできるものや、雷ガードが付いたものなどが出回っています。しかし、ちょっと前の多口テーブルタップでは、個別のON/OFFは出来ません。使いやすさアップと、使っていない機器への通電は控えて節電する為に、電気製品との間に中間スイッチを付けてみることにしました。常時通電しておかなければ電化製品には必要ありません。使用した中間スイッチはクリック感の良いパナソニック電工の小型のもので、平コード用 3A 300Vとなっています。ちょっとした小型の電灯などの物に向いています。

   部品の用意      トップへ

まず、スイッチが必要ですが、中間スイッチは大型のこたつやセラミックヒーターなどの、電熱器等大きな電力を使う機器に使うものから、このような小型の物まであります。使用電力に応じてお選び下さい。
 ここでは小さめの照明用の物を使用します。電線への接続ですが、電気コードの銅線をスイッチのネジ部分に固定します。1本を2つに分けてループをつけて尚且つ半田付けする方法もあります。しかし面倒な方は1.25mmの圧着端子を利用すると確実に安全に処理をする事が出来ます。
 圧着端子を確実に取り付けるには専用の工具が必要です。また電源コードの修理や有り余る長さの電気コードなどの長さ調整などでは、この工具と端子で接続すると安全で使っていて安心です。使用する機会がある方は端子付きで1000円強位ですのであると便利です。

  
【amazonで調べる】

エーモン
1452 電工ペンチ
マーベル(MARVEL)
裸圧着端子 ミニパック
丸型 HMP-1 (1.25mm)

エーモン E2
ターミナルセット 中

パナソニック電工
中間スイッチ
平型コード用
3A 300V ブラックWH5403B
パナソニック電工
WH5201
ベター10A
中間スイッチ
(両切) ホワイト

   圧着端子を利用する      トップへ

スイッチの裏側にネジが見えますので、緩めて外します。スイッチの端子はネジになっていますので、こちらに圧着した端子をネジ止めし固定できるようになっています。

  

   全ての電線に端子を圧着      トップへ

製品から伸びている電線と、コンセントに続く電線に端子を圧着します。(写真左)次にスイッチのネジをを外して、端子を通してネジを締めます。ここで注意点は、電線の通り道が決まっていますので、右の写真の様に線を仕切りに合わせて押し込んでいきます。あとはスイッチ本体のネジを締めて出来上がりです。市販のスイッチ類等は殆ど端子止めになっていますが、ショートの恐れがないことや、しっかり銅線を押さえてくれるので、引っぱりに比較的強いのではないかと思います。

  

CHS HomePage    Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 7/Sep./2013 - Last Modefied 28/Jan./2016