ガソリンランタンを電気ランプに


市販のスイッチソケットを使って改造

ホワイトガソリンを使うオールドコールマンランタンを室内で使うランプを作る事にしました。 ガソリンランタンを持っているけど、最近は使わなくなった方。または最近はLPランタンをもっぱら使っていて、ガソリンタイプは使っていない方。出来合いのソケットセットでガソリンランタンを室内使用可能な照明にする事ができます。
OLDコールマンのColeman200Aは、フレーム上のバーナーパイプの部品を外すと加工を全くせずに取り付ける事が出来ます。使うのは上部がネジになってる『コード付ソケット キーレスソケット付 口金E17』で、中間スイッチが付いています。
最近の200BやColemanのランタンはバーナー部分の形状が違いますので、下にご紹介してあります陶製の17Eソケットを改造して取り付けることになります。

   ランタンを分解する      トップへ

   
  • ランタンの上部のベンチレーターのネジを緩め、ベールを開いて外します。
  • ベンチレーターを引き上げて外します。
  • グローブを取り外します。
  • フレーム上部のバーナーを工具で緩める。
  • U型のバーナーチューブを外します。
  • U型のバーナーチューブをフレーム部に通しやすいようにソケットを分解してコードを抜いておきます。

   ランタンのフレームにソケットを取り付ける      トップへ

  
  • 取り外したソケットをバーナーが付いていた穴に下から入れます。
  • コードをフレームした皿の下部の空気穴から通して取り付けたソケットのネジ部分に通します。
  • 通したコードを元のようにネジ止めします。
  
  • ソケットのネジをスパナで締め付けます。
  • ソケットの状態を確認します。
  
  • コードをロックタイで2ヶ所パイプに取り付けます。
  • バーナーパーツはU字パイプにネジ込みます。
  • コネクターを穴に入れて、バーナー部を差込みます。
     

【amazonで調べる】

コード付ソケット
キーレスソケット付
口金E17

EA940C-32
E17口金
電球用ソケット(磁器製)

最近の中型Colemanランタンの形状です。
磁器製のソケットとプレートを曲げて使用

磁器製のソケットの端子面
1本のネジで固定します

   ランタンの部品を元に戻す      トップへ

ランタンの部品を元に戻す
     
  • 取り外したグローブ、ベンチレーター、ベールを取り付けます。
  • コードをコンセントにさして点灯を確認します。
ランタンはこちらから

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 15/Jan/1997 - Last Modefied 15/May/2017