IROIROtitle

このページでは、実際試してみた個人的な感想です。ご参考になれば幸いです




洗濯ネットのファスナー修理

  ジャンプ: 修理開始  上止めの取り外し  上止めの取り付け  スライダーにコード取付  コイル部分の裂け修理 
リンク: 種類と構造 開いたファスナーの修理  布噛みしたファスナーの修理 OPファスナーの修理 洗濯ネットのファスナー修理


 この例は、洗濯ネットに使われているファスナーが壊れて、左右が分かれてしまった状態です。よく見ると、コイル部分がテープから外れ、この隙間からスラーダーが片方から抜けてしまっています。スライダー本体には問題がありませんが、ツマミ部分が欠損しています。
手順としては、開いてしまったコイル部分を閉じ、ストッパーを止め直し開閉機能を回復します。コイルが抜けてしまった部分にストッパーを移動して付けますので、多少上部が開いてしまいますが使用上は問題ありません。
【アマゾンで工具を調べる】

ケイバ(KEIBA)
マイクロニッパー MN-A05

King TTC
ミニエンドニッパー
115mm EN-115

エンジニア
ミニチュアラジオペンチ PS-01

エンジニア
精密ドライバー
セット DK-20

  修理開始      トップへ

   全開になってしまった場合、下止めを外してスライダーを下から入れて噛み合わせを戻します。 しかし、小さめの(細かい)コイルファスナーの場合はコイルの柔軟性があるので、強制的にスライダーを押し下げてムシを閉じることが可能です。

  
 外れたスライダーを入れる場所をコイルをカットしてつくります。 写真は赤い枠のコイルを取り去った部分から、スライダーを入れた状態です。

右上の写真ではスライダーの下部分が開いたままですので、これから強制的にツマミを下げてムシ部分を閉じるようにします。

  

 スライダーが1回で左右均等に下がることは先ずありませんが、だいたい左上の写真のように片側が撓(たわ)んでしまいます。しかし、コイルファスナーは螺旋状なので引っ張ると少し細くなります。この特性があるので、撓んだ側を少し力を入れて引っぱり、左右の長さを均等にします。

  上止めを新しい位置にセット      トップへ

 
 

コイルがテープから外れてしまった部分までコイルを切り取ります。左右のストッパーの位置が揃っていないと、片側に負担が掛かり止め金具が外れ易くなりますので反対側のコイルを同じ位置まで切り取ります(テープカット厳禁)。
  

ストッパーを先の尖ったキリ等の様なもので開き、外します(怪我注意!!)。右は切り取ったコイルと外したストッパー。

  スライダーストッパーを止めます      トップへ

  

  スライダーにコードを付けます      トップへ

  

つまみが無いと開閉しにくいので、スライダーの穴にヒモを通します。この時クリップの様なものがカンタンに付けられますが、洗濯物を傷める可能性がありますので、ここは細めのヒモを用意します。穴に通しますが、通りにくいときは、ゼムクリップの様な細いもので押し込むと反対側から出てきます。これを結んで完成です。

  緊急用 コイル剥がれ      トップへ

 ここの例は洗濯ネットですが、その他コイルファスナーは比較的薄手のものから中厚手の様々な衣料に使われています。
 コイルファスナーは、ムシを使ったタイプに比べると務歯(ムシ)抜けも無いので比較的丈夫なタイプのファスナーです。しかし、長年の使用、ファスナーテープの素材の劣化または耐久性不足によってコイル部分がファスナーテープから避けるように離れてしまうことがあります。

 洗濯ネットの場合は比較的安い物なので、買い替える方がカンタンです。しかしファスナーの構造を知っていると糸と針があれば比較的目立たずに直せることが分かってくると思います。
【コイルファスナーの構造】
コイルファスナーは、布に無為付けるためのテープと左右を噛み合わせる役目のコイルがあります。このコイルはテープに直接付いているのではなく、実はテープムシ側(ムシ端)にコードが 付いていて、こちらに太い釣り糸の様なナイロンのコードが巻き付いています。
 剥がれてしまうということはYKK製では余り考えられませんが、ローコストのファスナーには強度の弱い物が付いている可能性があります。そうすると、ムシ部分はナイロンなので硬いのですが、テープとテープ端のコードが一番弱い箇所とも云えます。

  緊急用 コイル剥がれの修理      トップへ

 ここではコイルファスナーの応急修理として、続けることにします。
第1にコイル内に入っているコードはかなり丈夫です。こことテープを繋ぐのには、縫い合わせることが必要です。ファスナーテープは織物ですので、裂けている側の際は非常にほどけやすいこと。縫い合わせに使う糸はポリエステルなどの化学繊維が必要ということになります。

  

 もう一つ大切なことは、この場合洗濯ネットなので、洗濯時の撹拌時に力が掛かることなので、耐える縫い方をすることです。  ということで裂けた部分を縫い合わせるには比較的細かい間隔で縫い合わせることです。

上の写真が修理後の写真です。しっかりとファスナーは噛み合いしっかりと閉じるようになりました。耐久性は避けた箇所を縫い合わせていますので、次回避けた時には買い替えの時期となります。

  ジャンプ: 修理開始  上止めの取り外し  上 止めの取り付け  スライダーにコード取付

リンク: 種類と構造 開いたファスナーの修理  布噛みしたファスナーの修理 OPファスナーの修理 洗濯ネットのファスナー修理

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 6/Jul./2016 - Last Modefied 18/Jan./2017