IROIROtitle

"浸水リモコンの修理"

 テレビのリモコンの不具合  トップへ

TV_RC_CoverOpen

テレビなどのリモコンに誤って液体をかけてしまって、操作不調になる場合があります。このリモコンはダイニングテーブルにモニターアームで取り付けてある液晶テレビで、調味料やスープなどの液体の危険が多い場所です。リビングなどではコーヒーや紅茶等の飲料がメインとなります。ラップ等でカバーしてある場合は問題は無かったのでしょうが、操作感食が悪いのでやっていませんでした。
 機種が古い場合や、二流メーカーのものは市販されているリモコンが対応していない場合があります。ここで、操作不能になったリモコンを修理してみる事にしました。このケースでは、リモコンの左上にある電源ボタンのみ不具合が生じています。  

 リモコンの構造 トップへ

TV_RC_CoverScOpen3  修理する前に、治る場合と治らない場合がありますので、ご了承ください。そのうちの治らない場合は、ボタン端子が摩耗して接触が悪くなり操作出来ない場合です。今回は、液体が浸水した事が分かっていますので、清掃のために分解いたします。  カバーをネジで止めてある以外の、ネジの無いのリモコン等は『はめ込み式』になっている場合があります。今回はこのはめ込み式のタイプになります。
構造は、本体ケースの片側には鈎状の突起があり、反対側には鈎が嵌る凹みがあります。これが噛み合ってケースが固定される構造になっています。この構造はノートパソコン等にも使われています。

 修理に必要な道具 トップへ

 修理道具は、写真にある「スクレーパー」のみです。ほかに清掃する時に使う綿棒等があると細かい箇所の清掃が出来ます。
 このスクレーパーは、他の用途として、鉄板などの油汚れや頑固な焦げ付きなどの剥がしに力を発揮してくれます。今回の様なテレビのリモコンなどの分解(嵌め込み外し)には、スクレーパーの薄くて頑丈な金属ヘラ部分が大活躍してくれます。

 修理開始/リモコンを分解します  トップへ

 リモコンの周囲を見回すと、合わせ目の箇所に僅かな溝が一周回っています。この場所がスクレーパーを差し込む箇所ですが、ピッタリと塞がっています。しかし筐体はプラスチック製ですので、葉の部分を溝に当てて押し込むと歪んで刃が入っていきます。

TV_RC_CoverScraperOpen TV_RC_CoverScOpen2
 スクレーパーの先端の角部分で溝を押し込んでいくと、刃先が入っていきます。

 上の写真は、そのスクレーパーの先端を差し込ん出入る写真ですが、上蓋の淵が内側に出っ張っていて、上下を合わせる鈎部分が上にあります。ケースの構造によって上下が違う場合がありますので差し込んだ状態で判断出来ます。
 スクレーパーをひねりますとパキッと音おたてて外れますが、鈎部分が外れてから開かないと鈎部分(フック部分)が割れる場合がありますので注意して作業を行います。

TV_RC_CoverScOpen3 TV_RC_CoverOff
 上下ケースの1周ストッパーを解除して上蓋を外すと電子基板が見えます。

 内部の確認と清掃 トップへ

TV_RC_CoverOpen TV_RC_Disassembly
左ー先端側から見た写真で、赤外線のLEDが見えます。 右ー上蓋の裏側と内部の基盤です。
TV_RC_DirtyPlace TV_RC_LiqTrace
 左ー問題の電源ボタンの裏側で青い部分の中心の黒い電極の凹みにゴミの様なものが見えます。右ー角度を変えると湿っているように見えます。
TV_RC_TerCleanLQ TV_RC_TerCleanSwab
 左ー濡れた綿棒で汚れを除去します。右ー電子基盤にある。瀬食箇所も清掃します。

 接触箇所の清掃 トップへ

TV_RC_Substrates TV_RC_TerminalClean
 左ー問題の電源ボタンの裏側で青い部分の中心の黒い電極の凹みにゴミの様なものが見えます。右ー液体で腐食した部分も清掃します。

 液体が流れ込んだ場所は、液体にも寄りますが不純物が乾燥し接触スイッチになっている電子基板を汚している場合があります。このケースは。近くのハンダ付けの位置まで流れたようで、ハンダ付け箇所が腐食していました。軽くしぼった綿棒で端子を清掃します。
 全て状態を確認して上蓋にボタンが入っているのを確認してから、上蓋を閉めます。合わせ目がきちんと入っていれば終了です。
下でご案内しますメーカー品より、上記のリモコンは長期間の使用が余り考慮されていないのか、接触スイッチの面積が小さく出来ています。このため低価格のしわ寄せが見えない所に現れていると思われました。実際使用頻度の多いボタンは、強く押さないと反応しないもの摩耗によるものと思われます。
 この作業で改善が見られない場合は、修理不能となります。

 番外編/PanasonicDigaのリモコンの内部 トップへ

TV_RC_DigaRimocon TV_RC_DigaROpen
 左ー一流メーカーパナソニックディーがのリモコン。右ー同じようにスクレーパーで外すと爪が外れ上蓋が外れます。
TV_RC_DigaNail TV_RC_DigaInside
左ー上蓋と外すと本体の下部分のロック爪の受けの穴が見えます。右ー内部の状態ですが、接触スイッチが余裕を持って造られています。

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 21/Oct./2016 - Last Modefied 14/Apr./2017