IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

芽吹き花咲く新緑の玉川上水/府中街道〜四季亭あたり

 玉川上水のお話  4月 芽吹き花咲く玉川上水  5月 完成した小川水衛所  6月の玉川上水の草花  7月の玉川上水の草花  8月の玉川上水の草花  9月中旬の花  2014.9月の花  10月中旬の花  12月中旬の花  小川周辺の橋   〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕

   4月下旬の玉川上水      トップへ

 玉川上水の遊歩道の周りの景色は、4月が順になると若葉が揃ってきて眩い季節となります。一面萌黄色になった風景の中に目を凝らすとポツポツと緑の中に浮き立つ様な鮮やかな色が目に入ってきます。花々は比較的小さいものが多いですが、華やかな色が揃ってきます。
右の写真は、シランですが、華やかな色彩と繊細な形が楽しめます。


左ー橋の袂に咲く紅葉からも若葉が出ています。      右ー丸い葉が面白い植物で奥には小さい白い花が咲いています。

左ー上水の護岸の草むらの中に咲く「ツリガネスイセン」 右ー「タツナミソウ」の小さな花が草むらの中に寄り集まって咲いていました。

左ータンポポに似た「オニタビラコ」 右ー「ヤエヤマブキ」の濃い黄色が若葉の中にアクセントになっていました。

左ー「ムラサキツユクサ」の小さな花を見つけました。 右ー「タンポポ」の綿毛が水平の地面の所々にみられました。

 玉川上水遊歩道の4月上旬(2013.4)      トップへ

 玉川上水は羽村の取水口から拝島駅辺りまで所々護岸されたところがありますが、私の住まい近くの小平あたりから小金井公園の先まで自然の土手になっています。この遊歩道は、近所の方々の犬の散歩や健康のための散歩コースになっていています。土の遊歩道では木々が非常に多く、人通りが多いせいか根っこが地面からむき出しになっている箇所があるので、通るには足下に注意が必要です。
今年H25年は桜の開花が早かったせいか、この4月11日にはもう木々から新芽が出て枯れ木が目立っていた3月あたりとは、景色が新緑に色付き1年の始まりを感じさせてくれます。散歩がてら四季亭(いろりの里)の下流側に向かって、新しく作っている施設(小川水衛所)の状態も見に行くことにしました。この公園の様な場所は、かなり完成に近くなっているようでしたが、まだ工事用の仕切りで囲ってありました。完成が楽しみです。


左ー遊歩道わきには、藤色でシャープな形のハナニラが咲いていた    右ー山吹の黄色の花は、遠くからでも見つけられる


左ー白に紫と黄色の繊細な花びらを持った著莪(シャガ)別名 胡蝶花    右ー鈴蘭ににたムスカリ(グレープヒヤシンス)も咲いていた


左ー細い枝からはまだ虫食いのない、奇麗な小さな新緑の葉が出る    右ー これから開こうとしている、柔らかそうな丸まっている葉


左ーシャガの向こうにはハナダイコンの赤紫が柵  中ー鎌倉橋上流の新緑   右ー空に向かって枝を広げる大木からも若葉が

トップへ撮影:NIKON D800 24-70mmf2.8


 トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 8/Apr./2013 - Last Modefied 3/May./2016