IROIROtitle


奥多摩駅 (7P)

白丸駅 (3P)

鳩ノ巣駅 (7P)

古里駅 (7P)

川井駅 (6P)

御岳駅 (7P)

沢井駅 (7P)

軍畑駅 (4P)

二俣尾駅 (1P)

石神前駅 (1P)

日向和田駅 (1P)

青梅市沢井の観光地の玄関口/JR青梅線沢井駅

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––– 周辺の見どころ –––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

JR青梅線・沢井駅

小澤酒造

澤乃井ガーデン

まゝごと屋

楓 橋

沢井・寒山寺

櫛・かんざし美術館

   沢井駅のプラットホーム・駅舎と他の青梅線の違い      トップへ

 このJR青梅線は、立川よりの塚瀬踏切から上り下りの線路がホーム別れ、沢井駅の先で交わります。いるいわゆる「島ホーム」です。同じ島ホームでは、二俣尾駅、この先の御岳駅がありますが、参拝客・登山客が多いため、プラットホームの幅はこの駅の3倍くらいあり混雑に対応してあります。
 JR青梅線は、立川〜東青梅間は複線で、東青梅駅を奥多摩方面へ向うと単線に変わります。奥多摩駅近くは、山が迫っている所や、乗降客が比較的少ない場所に多く、日向和田駅(梅の花の時期は混雑)、石神前駅、軍畑駅などは単式ホームで線路は単線になっています。また古里駅、鳩の巣駅などは構内が広く、跨線橋で繋がれた単線向かい合わせの相対式ホームになっています。
 しかしここ沢井駅は手前の軍畑駅と違い、駅周辺は平らな広い場所があるため構内は比較的広くなっています。しかしプラットホームの形式は、乗降客観光客を除き比較的少ないので、合理的な島式ホームになっています。同じ島式ホームは、宮ノ平駅、青梅駅(側線が複数あり車両の留置あり)があります。
また古里駅、鳩の巣駅などは、比較的構内が広く単式ホームが向かい合わせになった相対式ホームになり跨線橋で繋がれています。
 この駅のプラットホームは、使用済みのレールを曲げて支柱にしたタイプで、昔から各駅のプラットホームの屋根の構造材としてリサイクルされていました。

   沢井駅の特徴とその周辺      トップへ


 JR青梅線の沢井駅の西側には、塚瀬踏切があります。                   沢井駅へ向う青梅から来た電車

東側の踏切を渡る途中でみえる沢井駅の東側              南側から見た沢井駅のホームの光景

 上の写真は沢井駅の東側(立川側)にある「塚瀬踏切」から沢井駅東側を見た所です。この特徴的なのな跨線橋の上に寺院の屋根の様な建築物があることです。北側にある雲慶院のお寺が関係しているかも知れません。このちょうどホームに繋がる階段辺りと思われます。
 跨線橋は南北にあり、通路としても使えるようになっています。メイン駅の出入り口は多摩川沿いに観光施設があるこの南口なのでしょう。 
 現在は、スイカなどのプリペイドカードが主流なので、無人駅が多くなっています。ここもタッチパネルスタンドがホームに降りる階段の手前にあり改札ゲートはありません。
余談ですが、手前の軍畑駅の標高は249mに対し西にあるこの沢井駅の標高は237mと幾分低くなっていますが、平行に走る青梅街道からはかなり高い位置にあります。


一つの島式プラットホームの両側に、JR青梅線の上りと下りが到着します

JR青梅線の沢井駅の南口。                   駅近くには、沢井駅前郵便局があります。

   沢井周辺の観光地      トップへ

 ホームから、ここがJR青梅線のなかでも大きな観光地なので、駅構内には小澤酒造がかかわる名所の看板が見えます。そこには「櫛かんざし美術館」「ままごとや」「小澤酒造」「寒山寺」とあります。またプラットホームの観光案内看板には、「寒山寺・御岳渓谷遊歩道」とあります。
 青梅線とほぼ平行に走る青梅街道からJR青梅線の高度差は20mほどありますが、沢井駅から、井澤酒造などの観光地に向うには下らなければなりません。 青梅街道に出るには南口の正面の坂か、少し遠回りですが、東の踏切の脇の細い道を下ります。前者は小澤酒造脇の沢井駅入口の信号へ、もう一方は街道沿いの沢井駐在所の脇に出ます。

JR青梅線・沢井駅
小澤酒造

澤乃井ガーデン

まゝごと屋

楓 橋

沢井・寒山寺

櫛・かんざし美術館

景色撮影:NIKON D800 AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8 NIKON D750 AFS-NIKKOR 70-200mmVR 
鵜の瀬橋から御岳小橋  トップへ

JR青梅線 沢井周辺  1   2   3   4   5   6   7  次は・小澤酒造


沢井駅トップ Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 18/Feb./2017 - Last Modefied 5/Jul./2017