CHSいろいろサイト/姿見の池/12月間近の景色と花々

「季節を求めて近場を散策」ページは、不定期に追加または削除される場合があります。


【四季の景色】
暮れの浅草周辺

府中郷土の森博物館
の早春

玉川上水のお話

殿ヶ谷戸庭園の四季

【小旅行】
東京丸の内駅舎復原

桜木町/日本丸

横浜/氷川丸

所沢航空発祥記念館

旧日本陸軍戦闘機

調布/飛行場まつり

芝/東京タワー

芝/増上寺

新橋駅界隈

新宿高層ビル群

江戸東京たてもの園

国営昭和記念公園
日本庭園

【自然】
国分寺周辺の野鳥

【気まぐれ掲載】


掲載データ
“禁転載”

CHS HomePage

11月下旬の姿見の池


2013 5月の花  6月の花  7月の花  8月の花  9月の花  10月の花
2014 1月の景色  残雪の2月  3月の風景  4月の風景  5月の風景 6月の風景 7月の風景 8月の風景 9月の風景
2017 12月の風景  〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕

  緑一色の姿見の池の湿地/カワセミとの久々の出会い

11月も下旬になると、落葉樹の葉は色づいて後に落ち葉となって地に落ちます。この季節は植物も冬の準備をして、殆ど咲く花も減ってきます。暖かい時期の湿地には、ミソハギやアヤメなどでにぎわっていました。この時期になると青々としていた湿地はベージュに変わって、刈り込まれて湿った地面が露出しています。
そんな景色のなかでも、花を咲かせているのは「ホトトギス」の小さな花と、キク科の花びらが隙っ歯のように、花びらの間隔があいている花のみでした。そしてブラシ状になったベージュの「チカラシバ」が草むらの中から飛び出すように生えています。


 左ー姿見の池のそばの歩道で「ホトトギス」を見つけました。         右ーキク科の黄色い花ですが、種は不明です。


 左ー姿見の池につながる水路岸には、チカラシバが群生していました。 右ー姿見の池の 対岸にはカラスウリの実が彩りを添えています。


姿見の池の西側で湧水は暗渠となり、日立製作所中央研究所方向へ流れます。

撮影:NIKON D800 AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8,70-200mmf4G  Teleconverter TC-20EIII

  トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono
Since 15/Jan/1997 - Last Modefied 30/Nov./2015