IROIROtitle

"ガステーブルのバーナー修理"

消耗品のリンナイガステーブルのバーナーキャップ  トップへ

リンナイガステーブルのバーナーキャップグレー/下部塗装なしは、上部のカバー部分が鉄製でバーナー本体とCリングでつながれています。コのがステーブルの購入が2013.8.25日でしたので既に3年が過ぎています。
この製品はLowとHiの2口コンロで、既にHiバーナーカバーは壊れてしまったので交換しています。交換部品は、壊れてしまったカバーのみの購入はできなく、全く問題のないバーナー部分込みのアッセンブリー(組み上げ部品)となっています。この部品はピンを外せば、カバー部分の交換が出来ます。消耗する部分のみ単体販売がされないのか不思議です。結局手元に残ったのは壊れていないバーナー部分で、交換するたびにこの部品が沢山増えてしまいます。
この製品に使用できるバーナーキャップは探してみると、ステンレス製があります。破損したカバー部分をよく見ると吹きこぼれの後、錆でボロボロになって欠損していました。こちらの製品の方が素材が丈夫なので、耐久性は良いかと思います。(最下段の記事参照)

 故障の状況と対策 トップへ

  壊れたバーナーカバー部分は、使用する度に高温の炎にさらされて使用後に冷やされると行程が繰り返されています。この為にホーローで保護された鉄製の部品が段々劣化して最後にはボロボロになって壊れていきます。
構造をみると上の写真にあります様にバーナー本体に3ヶ所のカバーを止める台座が見えます。ここの間にCリングで、カバーのフックが架かる構造になっています。一番損傷が激しいのがこのフック部分で使っているうちにカバーを水平に固定するための脚部分が欠損していきます。
 結果的にバーナー部分の中央に空いている穴から供給された燃焼の源となる空気の流れが正常に行われなくなってしまいます。これが燃焼の不調の原因と考えられます。そのためにも部品購入までの対策として、このカバーを水平になるように加工します。

 加工に必要な道具 トップへ


 今回は切り口が綺麗なビクトリノックスの金ノコを使用します。 その他アルミ材カットには万力があると楽です。

 加工道具は、左からマイクロドリルビット、金ノコ、ピンバイス、アルミ材(材料)あとは、金属ヤスリ、ボルトクリッパー、精密ドライバー、万力、ラジオペンチです。バーナーキャップのカバーはホーロー加工の鉄なので、電動ドリルとマイクロビット用アタッチメントがあると早く穴があきます。 またボルトクリッパーは8㍉にカットした材料を斜めにカットする時に早く切れます。(後にヤスリ掛けが必要)


【使用道具をamazonで調べる】

リリーフ(RELIFE)
小径マイクロ
ドリル刃セット
1.0~1.9mm 10本組

クラフトツール
精密ピンバイス
D 74050
マイクロドリル刃を
先端に固定でき手で
穴を空けられます。

MCC
ミゼットカッタ- MC-0020
太番手の針金のカット
する時の必需品で軽く
切れます。

 修理開始/カバーを水平にする  トップへ

 幸いバーナー部分にはカバーを固定するために1ヶ所あたり一対(2つ)のステーが3ヶ所あります。今回はこの隙間を利用して水平にする為の台座を造ることにします。流れとしては、2㍉厚のアルミ素材がピッタリ嵌りますのでこの素材を加工します。次に固定する為に既存のCリングを利用します。


 2㍉のアルミ板を8㍉幅でカットします。 バーナーの内側に沿って斜めにカットします。

 こちらは余っていたアルミ2ミリ厚のアングルを使用しました。万力で押さえて今回はきめの細かい刃のビクトリノックス・レインジャーの金ノコを使用します。アルミ材を固定する為に万力を使用します。8㍉幅でカットします。後に金属ヤスリで水平に慣らします。部品サイズは8㍉x9㍉位を3つ作ります。

製作した部品の装着 トップへ


左ー作った部品をバーナー部に嵌め込んだ写真。 右ーその部品にCリング用の穴を空けます。
  • 製作した2㍉厚の台形の部品をバーナーのマウントにはめ込みます。
  • ちょうど良い場所にセットします。
  • ネジ径より少し大きい1.5㍉程度のマイクロドリルで穴を空けます。
  • Cリングを部品に通しマウントに箇所にセットます。
  • マウントの高い方には切り込みがあります。リングをそこにはめ込み固定します。
  • バーナー部の準備は終わりです。

ご注意:
バーナーキャップのカバーの穴あけは、左右から位置を確認して穴あけの印をつけておきます。バーナー部に取り付けたパーツの穴あけも、位置を確認しまず1ヶ所穴を空けます。他の2ヶ所をカバーの穴の位置からアルミパーツの位置が中央に見えるように位置調整をしてから中央にくるように穴あけをします。

バーナーカバーと本体の固定 トップへ


左ーより切れ味の良いチタンコーティングドリルがあると楽です。 右ーバーナーのステーの取り付けた位置に上のカバーに穴を空けます。
  • カバーがズレないようにバーナーを固定します。
  • 1.4㍉(M1.4)直径3.5㍉長のネジを用意します。
  • バーナー部のアルミステーに合わせて、カバーには1.5㍉の穴をあけます。
  • 空けた穴から覗いて下のアルミ材の中央にカバーを位置決めします。
  • ネジ直径1.4㍉に対して1.2㍉のドリルで造った部品に穴を空けます。

左ーより切れ味の良いチタンコーティングドリルがあると楽です。 右ーネジ径より0.2㍉細い穴を取り付けたパーツに穴をあけ精密ネジ付けます。
  • 1.2㍉に空けた穴にカバーの上から1.4㍉x3.5㍉のネジをネジ込みます。
  • 1.4㍉(M1.4)直径3.5㍉長のネジを用意します。

 仕上げと燃焼確認  トップへ

 バーナーキャップのカバーがガタツキが無いかを確認します。ガタがある時はネジ穴が浅い場合がありますから、さらに1.2㍉のマイクロドリルで穴を深く削ります。
 精密ネジを再びネジ込んでカバーにガタツキがなくなったら完成です。
次に修理したバーナーキャップをガステーブルに戻します。バーナーに点火して、炎の状態に異常がないか確認します。
 ちなみに今回の修理は、水平を保てなくなったバーナーカバーを2㍉のアルミ材をしようしてで作りました。バーナー部分には加工していませんので安心して使用できます。ちなみにカバーを止めているCリングでバーナー部の切り込みに本来と同じように引っ掛かっているだけです。今回の修理は、工作道具を持っている中級者向きになっています。

 面倒な方は、バーナーキャップ交換を!  トップへ

 作業が面倒な方は、部品の購入が手っ取り早いです。先述しましたように、標準のバーナーキャップとステンレスのタイプが販売されています。写真のバーナーの標準バーナーキャップは、この修理した上部リングプレート部分が鉄にホーローを施した部品になります。しかしこのガステーブルより上位の機種は上部リングプレート部分がステンレス製になっています。交換するのであれば、耐久性のある素材が使われている、このタイプの方がオススメになります。


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 21/Oct./2016 - Last Modefied 4/May./2017