IROIROtitle

寸庭橋/奥多摩町川井・古里周辺の橋

梅沢橋/川井 奥多摩大橋/奥多摩町・川井 万世橋/奥多摩町古里
奥多摩川の橋のマップ(Google Mapリンク)
御岳発電所〜せせらぎの里美術館 新緑の鵜の瀬橋から御岳小橋  澤井から鵜の瀬橋  澤井から御岳発電所  1月の御岳発電所から御岳小橋  青梅 軍畑/楓橋下流の2月と野鳥  12月の澤井/楓橋周辺と野鳥 〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで戻ります〕


最寄りのJR青梅線の駅: 古里駅周辺
yama_fukeiSw
奥多摩川上流部橋めぐり
UMezB_DStUnderS
梅沢橋
OkutamOhhasiBEnteiss
奥多摩大橋
ManseiB_UpFarW11s
万世橋
SunNiwaB_S
寸庭橋

  寸庭橋/奥多摩町      トップへ

 吉野街道の古里こりの手前の山道と青梅街道を繋ぐ自動車アーチ橋です。
 寸庭すにわ橋は最寄りの駅で云うとJR青梅線の古里駅と鳩の巣駅のほぼ中間の青梅街道の南側にあります。自動車ですと、古里の信号から鳩の巣方面へ向う長い上り坂の途中の左下にあります。等高線はこの辺りではかなり詰まっていますので街道からかなり下に見えます。
 この寸庭橋の上流には、湾中から湧き出た越沢川えつざわがわが流れ込んでいます。


寸庭橋南側の欄干と向かい奥には高い位置に青梅街道が通っています。
 
    左ー寸庭橋南側左の橋柱には漢字で『寸庭橋』と書かれています。    右ー南右側には、竣工日が「昭和四十三年三月成」とあります。

  河原から橋を観る      トップへ

 
左ー左には大多摩ウォーキングトレイル入口があります。  右ーその入口で、鳩の巣の雲仙橋を経て奥多摩VCへ向います。
 
    左ー奥多摩川の南側に続く、山道からみた寸庭橋です。  右ーさらに河原を進むと寸庭橋は隠れてきます。

   寸庭橋から見た下流・上流の景色      トップへ


    左ー奥多摩川の南側に続く、山道からみた寸庭橋です。  右ーさらに河原を進むと寸庭橋は隠れてきます。

  寸庭橋上流には越沢川が合流      トップへ

 
    左ー寸庭川の上流には、越沢川が流れ込んでいます。        右ーさらに上流の大淵と岩礁地帯奥は西側で鳩の巣方面。

 川の右岸の高い位置には細い山道(大多摩おおたまウォーキングトレイル)が続いていて、しばらく進むと越沢川が見えてきます。この上流には、現在は閉鎖されていますが、当時は「越沢バットレスキャンプ場」があり人気のスポットになっていました。
 寸庭橋から河原へ降りて。河原を上流方面へ進むと、左側の鬱蒼うっそうとした木々の中から大きな水音が聞こえてきます。越沢川が奥多摩川に流れ込む場所です。この写真は雨の多い時期でしたので、水量が豊富で白泡が立っていました。
 更に上流へ向うと、大きな淵があり渓谷の景色を味わえます。この遥か遠くは鳩の巣へと続きます。


    左ー奥多摩漁協の越沢川の放流日で倒木などが自然のままになっています。 右ーさらに上流のにはカンタンな橋が見えます。
 EtsuzawaGoryuUS
寸庭橋上流の越沢川の合流の上の川の様子

   寸庭橋の下流の景色      トップへ

 寸庭橋を川を渡りながら下流へ向うと大きな岩が沢山ある景色が広がります。ちょうどこの写真の辺りは、北側にある山から「入川いりかわ」との合流地点となります。右側の青梅街道を更に北の山に向うと「奥多摩さかな養殖センター」があります。


寸庭橋下流から見た橋の形。右側(左岸)の橋台は岩盤になっています。

寸庭橋から川を下流に進むと、北から流れてくる「入川」が合流してきます。
NIKON D800+AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8 NIKON D750+AFS-NIKKOR 70-200mmG f4 VRほか
ジャンプ: 奥多摩橋 軍畑大橋 梅沢橋/川井 杣の小橋/青梅市御岳 万年橋/青梅市 神路橋/青梅市 鮎美橋/青梅市 海沢大橋・海沢橋/奥多摩町 柳淵橋/青梅市釜の淵公園 寸庭橋/奥多摩町古里 楓橋/青梅市沢井


トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 24/Dec./2015 - Last Modefied 11/Jan./2017