IROIROtitle
晩秋の奥多摩橋/青梅市
■日向和田〜沢井: 和田橋/青梅市・和田町 神代橋/青梅市・和田町 好文橋/青梅市・柚木 奥多摩橋 軍畑大橋 楓橋/青梅市沢井 鵜の瀬/青梅市沢井 奥多摩川の橋のマップ(Google Mapリンク)
御岳発電所〜せせらぎの里美術館 新緑の鵜の瀬橋から御岳小橋  澤井から鵜の瀬橋  澤井から御岳発電所  1月の御岳発電所から御岳小橋 
青梅 軍畑/楓橋下流の2月と野鳥  12月の澤井/楓橋周辺と野鳥 〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで戻ります〕

最寄りのJR青梅線の駅: 沢井駅周辺 軍畑駅周辺 二俣尾駅周辺 石神前駅周辺 日向和田駅周辺 沢井駅周辺 
wadaB_DS_RiverSidess
和田橋
JindaiBrS
神代橋
KoubuB_Rustss
好文橋
OKutamaB
奥多摩橋
IKusabataBs
軍畑大橋
KaedeBSouthS
楓 橋

  奥多摩橋

 ここでご紹介する橋は、JR青梅線の二俣尾ふたまたお駅近くにある「奥多摩橋」です。奥多摩川に架かる橋の中で中くらいの部類に入ります。この橋は余り広くはありませんが、歩道が北に面する片側のみに設置されています。この橋は他の橋と同様に、深く抉られてしまった地形の南北にある青梅街道(青梅私立第六小学校に北側)と吉野街道の『奥多摩橋南』の信号を繋いでいます。車道はすれ違いがやっとできる幅で、車線が描けれていません。すぐ北にある小学校の生徒の通学の安全性を確保するために、上流(西)側のみに、車道と歩道を区別する為に低い歩道が設置されています。

【奥多摩橋について】
 奥多摩橋は、昭和14年に造られた鉄骨構造の道路用の上路鋼アーチ橋です。橋の上はのっぺりしていますが、アーチ構造部分はとても美しく造られています。鋼材のアーチ橋では長い部類に入るとのことです。下方向や、遠くから見ると東京タワーの脚を連想する「鋼材で組まれたアーチ」はとても優美です。
 橋の構造物と陸地までの間は陸側には「魚腹(魚のお腹の様な形)トラス」という(電車が通る鉄橋(下路アーチ)を裏返しして付けたような)構造になっています。北側には1つで吉野街道側には2つの裏返しにした魚腹アーチを見ることができます。
 奥多摩川(羽村より上流の多摩川)には、沢山の橋が架かっています。羽村堰から釜の淵公園の上流の「万年橋」あたりから上流の神代橋からは特に渓谷が深くなっていますので、橋の構造も大型のトラス構造となっています。

  奥多摩橋は2009年に土木遺産認定       トップへ

OTB_CivilEngineeringheritageUP

奥多摩橋の左右3箇所ある展望デッキの西(上流)側には、『土木学会推奨土木遺産』のプレートが掲げられています。
 そのには次の様に書かれています。
「この地には、古例より多摩川を挟んで吉野村と三田村を結ぶ「竹之下の渡し」がありました。
 大正9年に発足した地元架橋促進委員会の陳情により昭和2年に架橋が認可され、地元の人たちの積立と都の出資により、昭和14年(1939)3月に奥多摩橋が完成しました。
 本橋は、水面から高さ33m、橋長176mの雄大なブレースドリブアーチ橋で、側径間は都内ではまずらしい魚腹トラスとなっています。戦前の道路用アーチ橋としては、最大スパン(108m)であり、アーチライズの大きい優美な橋梁であることから、平成21年11月に近代土木遺産の中から選定されました。」とあり、この橋が形状も特殊で大きさも誇れるものとなっています。

OTB_CivilEngineeringheritage OkutamaB_JSCE_Plate
左の写真は奥多摩橋の上流側の中央の展望デッキに掲げられている土木遺産の認定書

  奥多摩橋の化粧直し      トップへ

IkusaBst_OkutamaBm

 2016年12月11日に軍畑駅から景色を眺めていた時に、目に入ったのが遠くに見えた奥多摩橋が化粧直しの足場が架けられている姿でした。その範囲は、トラスアーチから上路の手筋部分まで行われている様に見えます。幅が100mを超え高さも30mを超える大きな橋ですので、大規模な修繕だったと思われます。
 下の写真にありますが化粧直し前の奥多摩橋は、鮮やかさがなく、退色したイメージでした。塗り替え終わったこの橋の撮影は2017.10.8に行いました。トラス部分はより鮮やかさがはっきりして、橋上の欄干はコントラストが出てくっきりしました。まさにリフレッシュしたイメージです。

OkutamaB_SouthEntWest OkutamaB_SouthEntEast
2016.12頃から塗り替え工事が行われました。上の写真は奥多摩ばしの南入口の西と東の欄干

2015.11.29に撮影した奥多摩橋の写真は、彩度がかなり落ちて地味な印象を与えていました。 OkutamaB_ReP_TrussEastFar OKB_UnStructure_RePpaint171008
東(右岸下流)からみた奥多摩ばしの遠景と南の魚腹トラス構造で北側にもあります。
OkutamaB_ReP_TrussWest OkutamaB_ReP_TrussEast
奥多摩橋の展望デッキから北をみた西側のアーチと東側のアーチ
OkutamaB171008fRiver
河原から見上げた奥多摩橋
OkutamaB_ Observatory_fRiv OkutamaB_ 151129OkutamaBOldP
河原から見上げた奥多摩橋の展望デッキ部分と塗装前の状態(2015.11.29)

  化粧直し前の奥多摩橋  (2015.11.29)      トップへ

  〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕


左ー吉野街道側から見たコンクリート製の橋脚で、上には魚腹トラスが2カ所。  右ー薮のなかを降りてゆくと入り組んだ鉄骨構造が見れます

 左ー河原に地軽くと薮が深くなり、薮の隙間から橋が見えてくる。    右ー奥多摩橋の対岸の様子で川は北側を流れています。

  左ー北の陸側には電車が通る鉄橋を裏返しして付けたような補強構造になっています。   右ー吉野街道側には2連構造になっています。
真下の河原からみた塗り替え前の奥多摩橋。川は左側を流れています。

上流の喜久松苑前のから徒渉して来た行き止まりから仰ぎ見た橋。喜久松側の苑河原からみた奥多摩橋。川は大きく左に曲がって流れています。
撮影:NIKON D800 AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8 ほか
ジャンプ: 奥多摩橋 軍畑大橋 梅沢橋/川井 杣の小橋/青梅市御岳 万年橋/青梅市 神路橋/青梅市 鮎美橋/青梅市 海沢大橋・海沢橋/奥多摩町 柳淵橋/青梅市釜の淵公園 寸庭橋/奥多摩町古里
トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 24/Dec./2015 - Last Modefied 12/Oct./2017