IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京都国分寺市は観光遺産として素晴らしいところがたくさんありますので、わずかではありますが、こちらでご紹介いたします。

旧本多家長屋門改修工事

Nagayamon_GateS
家長屋門改修
JyurigiLandS
お鷹の道・湧水
HossawaWFallS
真姿の池
TMnM_EntS
お鷹の道湧水園
MDGKTB_houseEntS
武蔵国分寺・楼門
OKutamalakeS
仁王門・薬師堂
OKutamalakeS
国分寺尼寺
OkutamaStationS
講堂・金堂址/七重塔

   【長屋門改修工事】 トップへ


 完成直前の旧本多家長屋門改修工事でまだ緑色のフェンスが設置されています

08NagayamonL  お鷹の道の現武蔵国分寺と真姿の池の間には、江戸時代後期に造られた「旧本多家住宅長屋門」があります。長い時代風雨に晒されたことによる劣化と、現在の建築基準法に条件が満たないことがあり、改修工事が行われることとなりました。
平成24年2月24日に「国分寺市文化財の保護と活用に関する条例」に基づき、市重要有形文化財(建造物)としておたかの道湧水園内の長屋門と倉の2件を新たに市の文化財に指定されました。
 長屋門改修工事の改修工事が始まったのは、平成25年で27年度の秋まで行われました。 武蔵国分寺跡資料館だより2012.4幢竿10号より一部引用

   【以前の武蔵国分寺湧水園周辺と改修後】 トップへ

MK_OtakaMichiWent OtakaM_Wnarrow 武蔵国分寺湧水園の南側の正面には、東元町三丁目から西へ伸びる道にぶつかります。現在は周辺に「武蔵国分寺跡資料館」や「史跡の駅 おたカフェ」あります。それらが建築される前は、長屋門へ通じる道を入ると大きな紅葉が左右に並んでいました。晩秋にはこの道は真紅のトンネル(上写真参照)になっていました。
 お鷹の道沿いにある湧水園ですが、長屋門から西側の現武蔵国分寺本堂へ、クランク状に折れ曲がる道は幅が狭く通行人とのすれ違いが一杯いっぱいでした。路の南側には湧水が流れる水路がありますので、あまり安全とは言えない状況でした。
 下の写真には、改修工事前と改修後の写真があります。右下の写真をご覧いただきますと、お鷹の道ぞいの桜の木の手前にあった生垣が桜の木の向こう側になっていて道が広がっています。

NagayamonOLD_We Nagayamon_Otmichi
お鷹の道湧水園の西側の路の以前の写真と、改修後の写真。
NagayamonOLDent
改修前の長屋門で建築金具、屋根部などがかなり傷んでいます。
Nagayamon_Gate
長屋門が建築金具などが新しくなり、見違えるようになった長屋門の姿
Nagayamon_west
長屋門を西側から見た写真で、お鷹の路沿いの生垣が桜よりもかなり北側に移動しています。

   長屋門改修前の写真集 トップへ

0911NagayamonOtC
2009年の長屋門とおたカフェ前の紅葉の景色写真
11w_NagayamonOtC
2011年の長屋門とおたカフェ前の残雪の写真
1301snow_NagayamOtC
2013年の長屋門とおたカフェ前の雪景色の写真

 武蔵国分寺周辺   1   2   3   4   5   6   7   8  次は・お鷹の道

写真撮影:NikonD7000+VR16-85mm,D80,NikonD800+24-70mm,NikonD500+VR16-35mmf4 改修工事完了の旧本多家長屋門

   武蔵国分寺に関わるお菓子      トップへ


トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono
Since 25/Sep./2017- Last Modefied 11/Nov./2017