小石川後楽園/飯田橋/CHSいろいろサイト

「季節を求めて近場を散策」ページは、不定期に追加または削除される場合があります。


【四季の景色】
暮れの浅草周辺

府中郷土の森博物館
の早春

玉川上水のお話

殿ヶ谷戸庭園の四季

【小旅行】
東京丸の内駅舎復原

桜木町/日本丸

横浜/氷川丸

所沢航空発祥記念館

旧日本陸軍戦闘機

調布/飛行場まつり

芝/東京タワー

芝/増上寺

新橋駅界隈

新宿高層ビル群

江戸東京たてもの園

国営昭和記念公園
日本庭園

【自然】
国分寺周辺の野鳥


掲載データ
“禁転載”

CHS HomePage


【amazon】
製品の評価を見る

小石川後楽園

ジャンプ: 小石川後楽園の場所 小石川後楽園の歴史 苑内散策 大堰川周辺 屏風岩 通天橋 得仁堂 大泉水と蓬萊島
リンク: 小石川後楽園北エリア 小石川後楽園東エリア 新宿御苑北エリア 新宿御苑南エリア 芝増上寺 東京タワー 浜離宮庭園

   小石川後楽園の場所      トップへ

 小石川後楽園はの最寄り駅は、JR中央線、東西線か都営大江戸線、有楽町線の飯田橋駅、丸ノ内線の後楽園駅となっています。東側の入口は封鎖され、入園は西側の入口のみとなりますので、水道橋駅より飯田橋駅のほうが近くなっています。
 分かり易く言えば、東京ドームの隣にあり、ドームの放送が苑内東側ではハッキリ聞こえたりします。 所在地は、東京都文京区後楽一丁目で、広さは約7万㎡あります。東京ドームが約4万6千㎡ですので、二周りくらい大きいといえます。
庭園からの禁止のお願いとして、ペット同伴入園、植物採集、種類持ち込み、指定場所以外禁煙、通路などの三脚・一脚の使用等があります。 パンフレット:特別史跡 特別名勝 小石川後楽園より

   特別史跡と特別名勝の小石川後楽園      トップへ

【小石川後楽園の歴史】
江戸時代初期、寛永六年(1629)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の屋敷の後園として造った物で、二代目藩主の光圀の代に完成した庭園です、光圀は造園に際し、明の儒者である朱舜水(しゅしゅんすい)の意見をとり入れ、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後(おく)れて楽しむ」から後楽園と名づけました。
 庭園は池を中心にした「回遊式泉水庭園」になっており、随所に中国の名所の名前をつけた景観を配し、中国趣味豊かなものになっています。そして、これらによって湖・山・川・田園などの景観が巧みに表現されています。
 この池は元々小石川大地の先端にあり、神田上水の分流を引き入れ造園されました。また光圀の儒学思想の下に造園されおり、明るく開放的な六義園と好対照をなしています。
 なお、後楽園は昭和二十七年三月、国の文化財保護法により特別史跡及び特別名勝に指定されています。特別史跡と特別名勝の二重指定を受けているのは、都立公園では浜離宮とここの二つだけです。全国でも京都の鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、醍醐寺三宝院の五ヶ所だけ出す。 東京都     小石川後楽園 木製看板:特別史跡 特別名勝 小石川後楽園より

   苑内散策      トップへ

 庭園文化財庭園は9ヶ所あり、浜離宮恩賜庭園はまりきゅうおんしていえん、旧芝離宮恩賜庭園、六義園りくぎえん、旧岩崎邸庭園、向島百花園、清澄庭園きよすみていえん、旧古河庭園、殿ヶ谷戸庭園とのがやどていえんとこの小石川後楽園となります。
 庭園内には中央に蓬萊島ほうらいじまを浮かべた、「大泉水だいせんすい」(大池)を配し、川、山、丘、林、水路、東屋、橋、井戸などを配置しています。6月中旬には、菖蒲田に色とりどりの花が咲き、都心にあるとはいえ、水田に流れ込む水路などこの時期の里山の景色を味わうことが出来ます。また、西側入口の側には有料集会施設の涵徳亭かんとくていがあり予約で貸し出されています。
 都心にあるいくつかの庭園や公園は、木々の背景に背の高いビルが見えます。しかし東京ドームの巨大な屋根が背景となる独特の景色は、小石川後楽園の庭園だけです。


  左ー小石川後楽園の入口で、特別史跡・特別名勝 とあります。右ー木々の向こうには東京ドームの大きな屋根が顔を出しています。

   大堰川(おおいがわ)      トップへ

 京都の嵐山の下を流れる大堰川おおいがわにちなんだ、もので三代将軍家光いえみつがしばしば来園し、大泉水だいせんすいの設計と共に種々助言を与えたものと言われている。両岸には*蛇籠じゃかごを伏せ、神田上水の水を暗渠により引き入れ、江戸時代には清喜流れで遠景を引き立てていた。
蛇籠:金属線を編んでその中に砕石を詰め込んだ物で河川の護岸などに使われた。


 左ー京都嵐山の川を表現したと云われる大堰川 右ー深い蕊身の中からゆっくりと流れ出しています。

   屏風岩(びょうぶいわ)      トップへ

 屏風びょうぶのように真っすぐ屹立きつりつしていることから屏風岩と呼ばれる。三代将軍家光がしばしば訪れた際に、この近くのまつの枝に手ぬぐいを掛け、河原の石に腰をおろしたといわれる。

   通天橋      トップへ

京都・東山東福寺の「通天橋」にならい、大堰川の渓流に朱塗りの虹橋をかけたもので、この付近の楓の紅葉は趣が深いところである。


 通天橋に繋がる石段。                  通天橋の上から見た大堰川の景色。

   得仁堂      トップへ

 光圀みつくに18歳の時、史記「伯夷列伝」を読み感銘を受け、 伯夷はくい叔斉しゅくせいの木造を安置した堂です。

【水戸光圀ゆかりの得仁堂と木造「伯夷・叔斉」】
 小石川後楽園の造営をかんせいさせた水戸二代藩主徳川光圀(1628~1700)は、得仁堂を創設し、泰伯・伯夷・叔斉像を安置しました。光圀が銅をつくり三蔵を祀ったことには、その徳を慕い、手本としていた光圀の強い思いが示されています。三蔵のうち伯夷・叔斉像は現存しています。
 「伯夷・叔斉」とは、中国古代・殷代の小国の王子兄弟の名前です。二人は、跡継ぎになることを互いに譲り合い、国を去ったといわれています。これに対し国民は、「聖の清なるもの」と誉め称えました。兄弟は善政を行っていると表元の文王を死体周の国に行きましたが、時の王は亡くなり、この武王が次いでいました。武王が父の葬儀も済まないうちに殷の君主を征伐しようとすることを知り、父子の道、君臣の道に背くと諌めたが聞き入れられませんでした。そこで二人は、「周に仕えて俸禄を受けるのは恥」として山にこもり、ワラビで命をつないでいましたが、ついに餓死したといわれています。
 光圀は、6歳の時に兄をさしおいて世継ぎと定められ、苦しみ続けた自らの身の上と重ね、18際で「伯夷・叔斉」の物語を読み非常に感銘を受けました。光圀は「仁を行いえた人たち」を祀る得仁堂を建立し、伯夷・叔斉の木造を収め参詣したと言われています。(現地説明板より)

   大泉水と蓬萊島      トップへ

この庭園の中心となる景観。蓬莱島と竹生島ちくぶしまを配し、琵琶湖を見立てて造られました。昔はこの池で舟遊びをしたといわれています。


左ー駅前の住友不動産飯田橋ビル4号館がみえます。          右ー池のほとりには大きな石灯籠があります。

 小石川後楽園   1   2   3  次は・小石川後楽園北側


Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 15/Jun./2016 - Last Modefied 9/Oct./2016