<
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

10月下旬の釜の淵/青梅市

釜の淵公園: 2月上旬の野鳥 シラサギのエサ取り 10月上旬の野鳥 12月中旬の野鳥 10月下旬の公園 12月中旬の公園 12月下旬の公園 11月下旬の公園 2月残雪の公園

   青梅の観光スポット/釜の淵公園      トップへ

 釜の淵公園は東京都青梅市駒木町にある公園です。車で出掛ける方は、駐車場の入口は411号線の青梅市民会館南の信号から300mほど下った場所に逆V字の坂を下るとあります。釣りをする方は坂の途中に遊漁券を販売しています。坂を下りきると無人有料駐車がありますが、場傍には『若鮎の記念碑』があり、ここが日本最初の琵琶湖鮎の放流地である事が描かれています。記念碑横にある階段を登ると『りゅうえんばし』が釜の淵公園へと架かっています。
【釜の淵】
ここ釜の淵公園は、岸の岩盤によって流れが大きなUの字片にうねっている、景色が奇麗な場所です。公園の西側にある鮎美橋付近の土手には桜が植えられ、春の開花時期には多くの花見客が訪れます。渓流釣りは3月の解禁日から年末まで行われ、放流日には釣り人手賑わいます。


左ー駐車場の階段を上ると『りゅうえんばし』がある          右ー釜の淵水泳場傍の歩道から見た『りゅえんばし』
左ー『りゅうえんばし』のぼり階段わきにある『若鮎の像』     右ー釜の淵にある若鮎の像そばにある記念碑
【若鮎の像建設の由来】
大正2年6月(1913)東京帝国大学教授石川千代松博士はこの地先に琵琶湖小鮎数百尾を移殖し訴状鮎の様に大型鮎となるのかの画期的実験を試みそれに成功し現在のように全国河川に琵琶湖産稚鮎の放流をみるに至りました
博士の功績をたたえると共に日本最初の放流地奥多摩川大柳河原を記念するため奥多摩漁業協同組合を中心とし全国同好のもの多数の浄財により若鮎の像を建てました
昭和48年12月20日
若鮎の碑建設委員会

   釜の淵公園内の景色      トップへ

 柳淵橋(りゅうえんばし)を渡りきると、道が3つに分かれます。右の山道は展望台へ、真直ぐは公園内に、左は川に沿ってある歩道へと繋がります。川沿いの道を進むと鮎美橋を通り過ぎ、古民家がありますが、道は先で行き止まりになっています。途中下に見える河原では、春は堤の桜並木の花見が、暖かい時期にはバーベキューの人たちで賑わいます。


左ーカンポの宿近くから見た鮎美橋は多摩川を東西に架かっている    右ー釜の淵公園の木々は紅葉をしはじめている

 下の左の写真は川沿いの道を進み、『鮎美橋』を通りすぎた辺りの景色です。緑の覆われた公園内には青梅市の山間にあった農家を移築した、旧宮崎家の茅葺き屋根の住宅があります。


左ー釜の淵公園の桜並木の歩道を川沿いに進む            右ー鮎美橋の公園側の入口。白い橋吊り橋が奇麗

左ー旧宮崎家の古民家が公園の自然の中にとけ込んでいる      右ー古民家の縁側には庭に咲く、コスモスが花瓶で飾られていた
【旧宮崎家住宅】
旧宮崎家住宅は建築様式から、一般的な農民の家として19世紀初頭に建てられたと考えられています。「広間型」と呼ばれる古い型式の間取りを持っている事や、この地方独特の杉皮と茅を交互に混ぜる屋根の葺き方が特徴的な古民家です。 元々は北小曾木村(現在の青梅市成木8丁目夕倉地区)にあった住宅ですが、昭和52(1977)年に所有者の方より青梅市へ建物が寄贈され、昭和53(1978)年1月に国の重要文化財に指定されました。昭和53年(1978)年4月から昭和54(1979)年6月までの工期で郷土博物館の隣地へ移築復元工事が行われました。
(青梅市教育委員会HPより)

   釜の淵公園の展望台からの景色      トップへ

 公園内には大きな歩行用の橋が二つありますが、ともに広い川幅に架かっています。西側には、『りゅうえんばし』があり、橋の下には2本の水道が通っています。東には白い斜張橋の『鮎美橋』があります。この日は大雨が降った後で幾分川が濁っています。このきれいな景色は普段の穏やかな時に見る事ができます。台風の後は、大増水して中州は姿を消し茶色い水が川幅いっぱい広がり荒々しい景色になります。


 左ー西の『りゅうえんばし』から見たかんぽの宿が清流の真上に建っている  右ー釜の淵の展望台は夏場に深場に飛び込む人の自己が絶えない

倒木に苔が生えるなど自然のままに残されています。
撮影:NIKON D800 24-70mm f2.8

 トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 16/Augs./2013 - Last Modefied 22/Feb./2018