IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

日立中央研究所秋の開放日

  日立中研の秋の庭園開放日と野川の源流      トップへ

HCK_1711MAP 1HCK_1711Pamphlet
 園内の研究棟近くで配布された、庭園公開についてのチラシで、裏側は「日立中央研究所庭園公開案内図」(写真左)

HitachiCLabMap  国分寺駅西の中央線北側には、深い木々に囲まれた「日立製作所中央研究所」があります。2017年11月19日(日)ここ日立中研で、庭園公開がありました。
 上は当日配布された「日立製作所中央研究所」内の地図で北が右になっています。この研究所の面積は約1万㎡あり、研究所の南側(中央線の線路側)には周囲約800m、深さ1〜1.5mの『大池』があります。この池には、研究所内に降った雨水が高低のある差地形から浸み出した複数の「湧水」が流れ込んでいます。この東西二つに別れている大池は、水路で繋がれています。この辺りに橋があり、南岸へ向かうことができます。橋を渡りきった先は、大池の東側を周る小径と接続します。さらに西へ進むと池の水門があります。湧き出た水は池を通ってここを通り中央線の下を潜り野川となって三鷹方面へと流れてゆきます。

  日立中研内の地形      トップへ

1711HCK_Op_HenjinB 1711HCK_Op_HenjinBjd
 国分寺駅西側の北に広がる「日立製作所中央研究所」内の湧水をまたぐ返仁橋(へんじんばし)

 この「日立製作所中央研究所」の正門を入り、奥へ進むと研究所内の谷に返仁橋(へんじんばし)が谷にかかり、研究棟へと続きます。この橋の直下には、小川が見えます。地形は正門から中庭までは谷を通り再び平地となっています。ここから先の大池までは、下り坂となって低くなっています。このように崖線のような地形のため、台地となっている研究棟周辺から大池に向かって下り坂が続きます。

  日立中研開放日の模擬店      トップへ

 「日立製作所中央研究所」の開放日には、中庭で各種も模擬店が店を開き来場者で賑わいます。市内の各団体や国分寺市の観光協会などの出店があり、国分寺商工会の「名物名産推奨品」の販売がありました。

1711HCK_MeibutsuM 1711HCK_CourtyardShops
 日立中研の開放日には、中庭で数々の模擬店が出展されます。左は国分寺市商工会の名物名産推奨品・観光協会の出展ブース
1711HCK_BambooMomiji
 奥に進むとつづら折りの道の先には、木々の枝の間から紅葉が見えます。
1711HCK_Chikurin 1711HCK_BambooGrove 1711HCK_FallReaf
坂を下ると竹林があり、景色にアクセントを付けています。

  大池周辺の紅葉の景色      トップへ

1711HCK_MomijiPondside
 さらに進むとつづら大池近くの赤く染まったもみじが見えます。
1711HCK_Momiji_Ponds
 左ー西国分寺駅に近い入口の木々も赤く色付いている    右ー銀杏並木は生糸と黄緑に色変わりして奇麗
1711HCK_OhikeWaterway 1711HCK_MomijiShadow_P
 左ー東と西の大池をつなぐ水路と大池西側の風景
1711HCK_InflowPondwes 1711HCK_Swan
 左ー大湧水からの流れ込みは2箇所ありこれは東池。 西大池の白鳥

  大池から野川となる水門周辺      トップへ

1711HCK_SluiceGate 1711HCK_NogawaExit
大池から流れ出る箇所に水門が設置されています。 奥は中央線・国分寺線の通る場所で、ここから野川となって流れます。
1711HCK_OhikeKTwinT
大池の西端から東を見た風景で、遠くに完成間近の国分寺再開発のツインビルが見えます。
撮影:NIKON D750 24-85mmVR, NIKON D500 70-200mmf4 & 16-35mmVR


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 20.Nov./2017 - Last Modefied 7.Dec./2017