平櫛田中彫刻美術館/玉川上水散策/CHSいろいろサイト

「季節を求めて近場を散策」ページは、不定期に追加または削除される場合があります。


【四季の景色】
暮れの浅草周辺

府中郷土の森博物館
の早春

玉川上水のお話

殿ヶ谷戸庭園の四季

【小旅行】
東京丸の内駅舎復原

桜木町/日本丸

横浜/氷川丸

所沢航空発祥記念館

旧日本陸軍戦闘機

調布/飛行場まつり

芝/東京タワー

芝/増上寺

新橋駅界隈

新宿高層ビル群

江戸東京たてもの園

国営昭和記念公園
日本庭園

【自然】
国分寺周辺の野鳥

【気まぐれ掲載】


掲載データ
“禁転載”

CHS HomePage

平櫛田中彫刻美術館/玉川上水散策

  玉川上水沿いにある美術館

 平櫛田中(ひらくしでんちゅう)は、現在の岡山県井原市で1872年2月23日に誕生しました。名の由来は、本名は平櫛倬太郎で、名字の平櫛(ひらくし)と養子に入る前の名字が田中(たなか)であったことで平櫛田中と作者名としています。
大阪の人形師の元で木彫の修行をしたのち、1944年には、現・東京藝術大学の教授に招かれ、戦後も活躍しました。作品として現・東京藝術大学内の岡倉天心像が安置されています。1965年には、東京藝大名誉教授となりました。
1970年には都内台東区からここ小平市に転居してきました。1972年には小平市の名誉市民となり、107歳で亡くなりました。この美術館の中庭には30年分の彫刻用の大木を準備していました。
 残念ですが、館内は撮影禁止となっています。ご覧になりたい方はこの彫刻美術館に足をお運びください。   平櫛田中彫刻美術館のサイトはこちら 


左ー平櫛田中彫刻美術館の入口は近代的なデザインになっています。  右ー入館者のお願いの中に撮影禁止の項目がありました。


左ー中庭に用意された、30年分の彫刻用原木(クスノキ)       右ー彫刻美術館の中庭


彫刻美術館の中庭は静けさが漂います。
撮影:NIKON D80 AFS-NIKKOR 18-135mm f3.5-5.6G


  トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 25/Jul./2007 - Last Modefied 25/May/2016