スクリュー裏蓋腕時計の電池交換


腕時計電池交換:CASIO DATA BANK150 CASIO ProTrek PRG-40  ネジ式裏蓋時計

  古い安物ダイバーウォッチの電池交換     トップへ

 恐らく30年くらい前の古いダイバーウォッチが引き出しから見つかりました。完全に電池切れで止まったままですが、裏蓋をみると何回かスクリュー式の裏蓋をラジオペンチの様なもので開け損なったキズが沢山付いていました。今回はこの腕時計の電池交換をしてみます。
 ある時ダイソーで、時計の電池交換工具を見かけました。写真にありますように、この中にはネジ式とはめこみ式の開閉工具とルーペの様なものが入っています。 商品のパッケージには、慣れと技術を必要とします。難しいと思われる方はお買い求めにならないでください。高級な時計やダイバー時計には絶対に使用しないでください。種類によっては使用できない時計もあります。”と記載してあります。右下の写真は何回も失敗した為に、キズが付いてしまいました。この工具でチャレンジする方はキズを覚悟で行ってください。また力を入れながら工具を使いますので、工具が滑った時のケガにはご注意ください。

【ネジ式裏蓋の開閉作業】
  
 100均で売っていた電池交換工具で、他にルーペと開閉工具が付属     ダイバーウォッチの裏側と開閉工具

  開かなかったフタをあける     トップへ

 ネジ蓋開閉工具のネジを緩めて、工具の凸起部分を裏蓋の凹みに合わせてネジをしっかり締めます。時計の下に厚手のゴムシートを置きながら、作業しました。この工具を上から力を入れながら、回そうとするとガリッと音を立てて滑ってしまいました。やはりこの工具は2点支持のために、安定せず上手く力が伝わらないようです。何回かチャレンジしたものの全く開く気配がしなかったので、対策としてCRC556をネジの周りに軽く吹き付けることにしました。この工具で裏蓋を軽くコツコツと叩いて振動を与える事にしました。しばらくするとネジ蓋の回りに、すき間から出たサビの様なものが滲んできました。恐らく繰り返しやる事で回り易くなると確信しました。
 時計は左手で包むように持って、右手には工具を持ち、裏蓋の凹みに工具の凸起を当てて押さえ付けながら力を入れて回す事にしました。基本的にこの工具はピンが2本ですので、非常に不安定です。ですから倒れないように意識しながら回すことにしました。そうすると、じわ〜っと回り始めました。

  

【amazonで調べる】 ※お手数ですが、右クリックで開いてください。

BLUE LOTUS
時計工具13点セット
3点支持オープナー

<防水時計用
3点支持オープナー

防水式腕時計用
スクリューバック
オープナー
+時計固定台
3点支持オープナー

防水時計用
ゴムパッキン
Oリング
78種類
×3本セット

SONYボタン電池
CR2016
(5個)

シチズン
超音波洗浄器
SW5800

  電池交換     トップへ


 この時計をネジ蓋を開けて、電池カバーのロック箇所探し、解除してカバーごと取り出します。電池を取り外すと写真の様な部品があります。電池は金属の部品に嵌っています。本体から外す時に小さな部品が飛び出してきましたが、よく見ると丁度赤の印の場所に合った事が判明しました。
この時計に使われていた電池は『CR2016』で100円ショップで手に入るものです。(他に使う予定がある方は上記のものがとてもお買い得)新しい電池はこの部品にはめ直します。

  

固定部品にはめ込んだ、新しい電池を元に戻します。裏返して秒針が動いている事を確認してから、ネジ式の裏蓋を回して止まる所まで回します。

  

開いた時に使った工具を、裏蓋の凹みに工具の凸起を合わせて締めます。この時にフタにはOリングが付いていますので、力一杯締めなくても日常生活では問題は無いと思います。

【まとめ】
工具さえあれば、ネジ式の裏蓋も開閉でき電池交換ができます。この工具は税抜き300円という価格でした。パッケージの裏に書いてある通り、2点支持のためにすぐ倒れて安定しません。開く時に力が入っているため、滑って裏蓋に傷を漬ける場合があります。
時計自体を手でホールドしながら、工具を包み込む様に持って、押さえつけながら回すなどかなりコツが必要です。出来るだけキズを付けずに開けるには、上でご紹介しました、3点支持の方がかなり安心して作業が出来ます。


トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 5/Apr./2014  - Last Modefied 6/May/2017